ページの先頭です
メニューの終端です。

出生届

[2013年5月10日]

ID:163

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

出生届の書き方

○届出期間

 出生した日(生まれた日を含む)から14日以内 *国外で出生した場合は3ヶ月以内

 

○届出人

 嫡出子(婚姻関係にある男女間の子)の場合 父または母
 嫡出でない子の場合 母

 父母が届出をできないような場合は、1.同居者、2.出産に立ち会った医師、助産師が届出義務を負います。(戸籍法52条)

 

○届出先

住所地、本籍地(戸籍法25条)、生まれたところ(戸籍法51条)の市区町村

 

○届出に必要なもの

・出生証明書(届書の右半分)
出産に立ち会った医師もしくは助産師が証明する項目ですので、絶対に記入、訂正しないでください。(「子の氏名」欄が空欄のままでもかまいません)

・届出人の印鑑(朱肉を使うもの)

・母子健康手帳
手帳内に出生届出済証明をおこなう箇所があるのでご持参ください。時間外に宿直で受け付けた場合は、証明はおこなえませんので後日手帳をご持参いただくことになります。

 

□住所が東近江市の方のそのほかの手続き

 (時間外に宿直で受け付けた場合は後日再度来庁いただく必要があります。)

◎児童手当の申請

 (出生日の翌日から15日以内に申請してください。遅れると支給が1月遅くなります。)
  申請先  市役所こども家庭課または各支所
        *公務員の方の申請先は職場になります。
  申請に必要なもの
   ・印鑑
   ・請求者の健康保険証(現在受給中の人は不要)
   ・請求者の口座番号の確認できるもの

◎福祉医療費受給券の申請

  申請先  市役所保険年金課または各支所
  申請に必要なもの
    子の加入する健康保険が国民健康保険の場合 
      → 子の国民健康保険証をつくる手続き後に申請いただけます。
    子の加入する健康保険が社会保険の場合 
      → 生まれた子の名前の社会保険証をお持ちください。

○そのほかの注意事項

嫡出でない子の出生届の場合
 母の現在の本籍と筆頭者を記載します。母が戸籍の筆頭者となっておらず、母の父母が筆頭者となっている場合は、出生子とともに母が筆頭者として新戸籍をつくられます。新本籍は届出人の母が任意で定めます。
 この場合は、届書の「その他」欄に「母につき新戸籍を編製 新本籍 ○○県△△市××町○○番地」と記載します。

 

出生届の書き方(嫡出でない子の場合)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
 

日本国外で出生された場合
 出生により外国の国籍をも取得した日本国民で国外で生まれた者は、出生の日から3ヶ月以内に日本国籍を失わないための「国籍留保の届出」を届け出ないと、出生にさかのぼって日本国籍を失ってしまいます。
 この場合は、届書の「その他」欄に「日本国籍を留保する 届出人の名前 印」と記載します。
 *国外で出生した場合、当該国で発行した出生証明書および日本語訳 (訳者の住所・名前が記入してあるもの)が必要になります。

 

お問合せ

東近江市役所市民環境部市民課

電話: 0748-24-5630  IP電話:050-5801-5630

ファックス: 0748-23-6600

お問合せフォーム

  • Higashiomi Journey 東近江市を知ろう
  • 観光情報・小旅行 東近江市を訪れよう
  • 定住移住促進サイト 東近江市で暮らそう
  • 東近江市の位置

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る