ページの先頭です
メニューの終端です。

介護を要する状態にならないために

[2017年10月31日]

ID:291

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

担当窓口および問合せ先
健康福祉部 長寿福祉課
 〒527-8527
 滋賀県東近江市八日市緑町10番5号
 電話:0748-24-5645、0748-24-5678
 IP電話:050-5801-5645、050-5801-5678
 ファックス:0748-24-1052 
永源寺支所
 電話:0748-27-2185 IP電話:050-5801-2185
五個荘支所 
 電話:0748-48-7311 IP電話:050-5801-7311
愛東支所
 電話:0749-46-2260 IP電話:050-5801-2260
湖東支所
 電話:0749-45-3715 IP電話:050-5801-3715
能登川支所
 電話:0748-42-8700 IP電話:050-5801-8700
蒲生支所
 電話:0748-55-4883 IP電話:050-5801-4883

 要援護高齢者やひとり暮らし高齢者などに対し、要介護状態に陥らないためのサービスとして次のようなサービスを提供しています。

介護を要する状態にならないためのサービス一覧
項目事業の概要利用できる方負担額・助成額・利用期限
高齢者虐待対応
短期宿泊事業
家庭内の事情等により、在宅での生活が困難になった高齢者に対して、養護老人ホーム等に宿泊していただき、適切な支援の調整を図ります。  おおむね65歳以上で介護保険の要介護認定以外で、他のサービスを活用することができない虐待等家庭内の事情により在宅生活が困難な方。1日381円(食費は別途徴収)
介護用品購入助成券
交付事業
介護用品(大人用紙おむつ)の購入について、その費用の一部を助成します。助成対象品目は、おむつ、尿取りパット、リハビリパンツです。在宅で生活をしている方で介護保険の要介護3・4・5の方、または要介護1・2の方のうち特におむつ等が必要と認められた方  1か月3,000円を上限に助成券を交付します。超えた分は本人の負担となります。 
徘徊高齢者家族支援サービス事業受発信装置による徘徊高齢者位置探知システムの購入費等を補助し、徘徊者の早期発見に努め介護者の負担の軽減を行います。徘徊の見られるおおむね65歳以上の認知症高齢者と同居介護している家族の方導入の際の初期費用および毎月の基本使用料の9割を助成します。
緊急通報システム在宅の一人暮らし高齢者等の急病または事故等の緊急事態に対処するとともに、日常生活の不安解消と安全を確保します。 65歳以上の独居高齢者や独居重度心身障害者等で、身体上の慢性的な疾患などにより日常生活を営む上で常時注意を要する方緊急通報機器は無料で貸与します。維持管理に要する費用(電話基本料金および通話料その他機器等にかかる電話料金)は利用者負担となります。
生活支援ハウス事業一定期間、住居を提供することにより、高齢者が独立して生活できるよう支援をします。独居老人、高齢者世帯で身体的、社会的に独立して生活することに不安のある方・利用料
収入に応じて0~50,000円
(1か月)
※その他光熱水費・食費の負担あり。

お問合せ

東近江市役所 健康福祉部 長寿福祉課
電話: 0748-24-5645  IP電話:050-5801-5645 ファックス: 0748-24-5693

組織内ジャンル

健康福祉部福祉総合支援課

関連コンテンツ

高齢者福祉(市のサービス・各種教室・福祉施設)

  • Higashiomi Journey 東近江市を知ろう
  • 観光情報・小旅行 東近江市を訪れよう
  • 定住移住促進サイト 東近江市で暮らそう
  • 東近江市の位置

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る