ページの先頭です
メニューの終端です。

多重債務

[2010年3月15日]

ID:485

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

多重債務

お問い合わせ先
東近江市消費生活センター 
相談専用電話 0748-24-5659 IP:050-5801-5659
相談時間 9:00~12:00 13:00~16:00
(土・日・祝日・年末年始は休み)

借金問題は必ず解決できます!~多 重 債 務~

事例

 冠婚葬祭が重なり、すぐに返せるつもりで20万円を借りた。しかし、その後も、子どもの教育費や、車の修理費用などを工面するため、返しては、また借りるといった状態が続いた。
 また、思っていたほど収入が増えず、返済のために、借り入れをするというような自転車操業に陥ってしまった。借金総額は、300万円。ほかに住宅ローンもある。これ以上、返済が続けられそうもない。どうすればよいか。

●多重債務って?
 
 借金の返済に行き詰まり、複数の債権者に対する債務の返済が、困難な状態に陥った人を多重債務者といいます。
近年、ほとんどの人が何らかの形での債務を背負っています。例えば、住宅や車、教育のためのローンや、クレジットカードを利用したお買い物や旅行など。「カード社会」という消費者にとって便利な時代になった反面、だれもが多重債務に陥る可能性があり、そのような人が実際にいるのが現状です。

 もし借金を抱えてしまったら、早い段階での債務整理が必要です!


●債務整理の方法としては・・・

1.特定調停
  裁判所を利用した和解交渉です。利息制限法の制限利率(年利15~20%)に基づいて引きなおし計算を行い、将来の利息をつけずに3年~5年程度の弁済計画を立てます。自分で申し立てをすることもでき、費用も低額です。

2.自己破産
  裁判所に破産の申し立てを行い、全財産を処分、配当し、残債務を免除してもらう方法で、自分で申し立てることも可能です。弁護士に依頼をする場合は、その費用が必要ですが、法律扶助協会による支援(*1)を受けられる場合があります。
 (*1)裁判や弁護士費用などを立て替えてくれる制度…民事法律扶助制度

3.個人再生
  破産をせずに経済的な再生を目的としており、住宅ローンを除く債務が3000万円以下で、今後安定した収入が見込める個人を対象にした支援制度です。住宅を手放さずに債務整理をすることが可能です。

4.弁護士、認定司法書士による任意整理
債務者の支払能力に応じた返済計画を立て、その返済方法について債権者と話し合いの上、和解交渉をする方法です。


 あきらめずに問題と向き合うことで解決が図れます。一人で悩まずに専門機関に相談をしましょう。
 東近江市消費生活センターでは、法律相談も案内しておりますので、詳しくは、お問い合わせください。


●ヤミ金のこんな言葉に気をつけて!
  
  「低金利融資・借金一本化・審査無し」
多重債務者の困っている状況につけこんで、ダイレクトメールが送られきたり、勧誘の電話がかかってくることがあります。これらは、ヤミ金の可能性が高く注意が必要です。絶対に連絡をとってはいけません。

お問合せ

東近江市役所市民環境部市民生活相談室(消費生活係)

電話: 0748-24-5619  IP電話:050-5801-5635

ファックス: 0748-24-0217

お問合せフォーム

組織内ジャンル

市民環境部市民生活相談室(消費生活係)

  • Higashiomi Journey 東近江市を知ろう
  • 観光情報・小旅行 東近江市を訪れよう
  • 定住移住促進サイト 東近江市で暮らそう
  • 東近江市の位置

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る