ページの先頭です
メニューの終端です。

市県民税と所得税の違いは?

[2016年8月4日]

ID:525

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

担当窓口およびお問い合わせ先
税務部 市民税課
〒527-8527 滋賀県東近江市八日市緑町10番5号
TEL:0748-24-5604 ファックス:0748-24-5690 IP:050-5801-5604

市県民税と所得税の違いは?

Q1: 市県民税と所得税は、ともに所得に対して課税されると聞きましたがどのような違いがあるのでしょうか。


A: 主な違いは次のとおりです。

違いの一覧
市県民税所得税
種 類地方税
県と市が課税します
国税
国が課税します
対象所得前年の所得に対して課税本年の所得に対して課税
課税方法賦課課税
市県民税の申告書や確定申告書、給与支払申告書などの資料に基づいて課税
申告納税
自主的な確定申告書による納税や給与支払者が納税する(源泉徴収)
納付方法普通徴収
6月、8月、10月、翌年1月の4回で納付します

特別徴収
6月から翌年5月までの給料から毎月差し引かれます
申告納付
確定申告により、年税額を確定し納付します

源泉徴収
給与所得者の場合は、所得のあったときに源泉徴収され、その後、年末調整もしくは確定申告をして清算します
均等割課税ありなし

 市県民税には所得税と異なり、非課税基準があります。
 市県民税と所得税では、所得控除額が異なります。詳しくは、所得の種類と金額をご覧ください。また、定率控除の率も異なります。
 配当控除の率が違います。また、市県民税には住宅借入金等特別控除、政党等寄附金特別控除等はありません。
※普通徴収と特別徴収の違いについて、詳しくは「市県民税の納入方法(普通徴収と特別徴収)Q8」をご覧ください。

資料ダウンロード

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る