ページの先頭です
メニューの終端です。

収入がない場合でも申告は必要か?

[2010年3月19日]

ID:527

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

収入がない場合でも申告は必要か?

Q2: 私は一人暮らしで、前年中は収入が無かったのですが申告をする必要はありますか?

A: 市県民税の申告は、国民健康保険料の算定にも使用されており、収入の無かった人にも申告していただく必要があります。未申告の場合には、収入が無いということが把握できないために国民健康保険料の軽減が受けられなかったり、所得証明書などの発行を受けることができなくなります。


 
Q3: 私は遺族年金を受給し生計を立てています。そのほかに収入はありませんが申告しないといけないのですか? 

A: 遺族年金は非課税所得といい、市県民税の税額計算には含まれない所得となります。


非課税所得としては主に次のものがあります。
1.遺族の受ける恩給および年金で死亡した者の勤務に基づいて支給されるもの
2.給与所得者の出張旅費や通勤手当(通勤手当には上限があります)
3.雇用保険の失業給付
4.身体の障害に基因して支払を受ける損害保険金や生命保険
5.資産の損害に基因して支払を受ける損害保険や共済金
6.障害年金など
これらに該当する収入のみの場合は、市県民税は非課税となります。Q2の回答にもあるとおり証明書の発行などを受けるためには申告が必要です。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る