ページの先頭です
メニューの終端です。

昭和中期~平成 新しい日本の歩み(2)

[2010年3月18日]

ID:1134

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新しい日本の歩み(2)

 戦争(せんそう)が終わってしばらくすると、日本の国はどんどん発展していきました。そして人びとのくらしも、どんどん豊かになっていきました。テレビや自家用車(じかようしゃ)、それにクーラーなどが、くらしの中で使われるようになりました。また、東海道新幹線(とうかいどうしんかんせん)や名神高速道路(めいしんこうそくどうろ)ができ、人びとの移動(いどう)がとても便利(べんり)になりました。このときに、八日市インターチェンジができ、そのまわりには大きな工場ができていきました。

 田んぼのようすも大きく変わりました。小さくていろいろな形をしていた田んぼを、大きな四角の田んぼにそろえていく工事が、市内のあちこちではじまりました。そして、苗(なえ)をひとつひとつ人の手で植(う)えていたのが、田植え機で植えるようになり、鎌(かま)で一株(ひとかぶ)ずつ刈(か)り取っていた稲(いね)刈りが、コンバインで取り入れするようになりました。また、永源寺ダムができてからは、水不足(みずぶそく)でこまることもなくなりました。

 これは、今からほんの50年ほどむかしのことです。さて、これから50年後の東近江市は、どんなまちになっているのでしょうか。おとなも子どももみんなで力を合わせ、くらしよい東近江市にしていきましょう。

組織内ジャンル

教育委員会歴史文化振興課

  • Higashiomi Journey 東近江市を知ろう
  • 観光情報・小旅行 東近江市を訪れよう
  • 定住移住促進サイト 東近江市で暮らそう
  • 東近江市の位置

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る