ページの先頭です
メニューの終端です。

西堀榮三郎(にしぼりえいざぶろう)さんって、どんな人?

[2011年4月1日]

ID:1171

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

西堀榮三郎さんって、どんな人?

 西堀さんは、八ヶ岳(やつがたけ)と言われるほど、いろいろな分野(ぶんや)で活躍(かつやく)した人です。人を元気にさせ、やる気をおこさせるのがじょうずでした。お弟子(でし)さんたちが、西堀さんの「ことば」をもっと多くの人に伝えよう!と考え、西堀語録(にしぼりごろく)がまとめられました。その一部をご紹介(しょうかい)しましょう。

■勇気をもって挑戦を!(ゆうきをもってちょうせんを)

勇気をもって挑戦を

「最初(さいしょ)」というのは、だれにでも、どんなことにも一度はあります。一度も経験(けいけん)したことがないことは、こわかったり不安(ふあん)になったりします。でも、一度でも経験してしまえば、二度目からはだいじょうぶ。「とにかく、やってみよう!」という勇気(ゆうき)が大切なのです。

■人生は実験なり(じんせいはじっけんなり)

人間は経験(けいけん)をつむために生まれてきたのです。たとえ1回目で失敗したとしても、2回目には成功(せいこう)するかもしれない。10回目に成功しても、成功は成功です。あきらめずに何度でもやり直せばいいのです。

■体験で生きて知識を(たいけんでいきたちしきを)

自分にとって本当に役に立つ知識(ちしき)、「いざ!」というときに自分を助けてくれる知識は、自分が実際(じっさい)に体験して身につけた知識です。

■感謝がすべてのモチベーション(かんしゃがすべてのもちべーしょん)

館内での体験

 人がやる気になるのは、だれかの役にたって喜んでもらったときや、自分のしていることが認(みと)められたときです。「ありがとう」と感謝(かんしゃ)されるとうれしいと思い、もっとがんばろうという気持ちになるのです。

西堀さんについて、もっと知りたい人は、西堀榮三郎記念探検の殿堂ホームページ(http://www.tanken-n.com/)へ。

西堀榮三郎記念探検の殿堂

  • 場所(ばしょ):東近江市横溝町(よこみぞちょう)419
  • 電話(でんわ):0749-45-0011
  • IP電話:050-5802-2291
  • 開いている時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
  • 休みの日:月曜日、祝日の翌日、年末年始など
入館料
一般大人(高校生以上)300 円
小人(小、中学生)150 円
団体
(20人以上)
大人(高校生以上)250 円
小人(小、中学生)120 円

組織内ジャンル

教育委員会歴史文化振興課

  • Higashiomi Journey 東近江市を知ろう
  • 観光情報・小旅行 東近江市を訪れよう
  • 定住移住促進サイト 東近江市で暮らそう
  • 東近江市の位置

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る