ページの先頭です
メニューの終端です。

県内の自治体で初めての取り組み!地元の間伐材を原料にしたコピー用紙を導入

[2013年11月27日]

ID:2229

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

国際森林年にあわせて地元の間伐材を原料にしたコピー用紙を導入

 2011年は国連が定めた国際森林年という節目の年です。東近江市は、市域の57%を森林で占めており、昨年から地域資源を活用する緑の分権改革を推進していることなどを踏まえ、平成23年度、東近江産を含む湖東の間伐材を原料にしたコピー用紙A4判で800箱(2,500枚/1箱)を庁内で導入することになり、5月9日(月)午後、その最初の納入が行われました。

 このコピー用紙は今回はじめて商品化されるものであり、市役所が率先して利用することで地元の森林保全や地球温暖化防止に貢献するとともに、民間企業等への普及啓発にもつなげたいと考えています。

 このコピー用紙は、びわこの森を元気にするプロジェクトに取組む「湖東地域材循環システム協議会(kikito)」(東近江市池庄町1554-5 IP0505-801-0995)が企画・販売されており、納品のため市役所を訪れた同協議会事務局の職員 横山晴香(よこやま はるか)さん(24歳)は「今回の導入をきっかけに、もっと多くの自治体や企業で使っていただけるようになればうれしいです。一箱からでもいいので、少しずつ広がっていけば」と話しておられました。

コピー用紙の仕様等

■名称:木になる紙 
・「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律」第6条の規定に基づく基本方針の判断の基準及 び配慮事項を満たす用紙(総合評価値が80点以上)。

■総合評価値:86点
・古紙パルプ配合率70%(50点) ・間伐材パルプ割合30%(30点)※クレジット方式
・白色度69%(6点) ・金額 1箱(500枚入り×5〆=2,500枚)で1,900円(税別)
※間伐パルプ利用割合は、グリーン購入基本方針で定められた方式(クレジット方式)により算出。
 製紙会社へ持ち込む割合であり、間伐パルプ利用割合と実配合率に相関はなし。

コピー用紙の写真

お問合せ

東近江市役所農林水産部林業振興課

電話: 0748-24-5523

ファックス: 0748-23-8291

お問合せフォーム

組織内ジャンル

農林水産部林業振興課

  • Higashiomi Journey 東近江市を知ろう
  • 観光情報・小旅行 東近江市を訪れよう
  • 定住移住促進サイト 東近江市で暮らそう
  • 東近江市の位置

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る