ページの先頭です
メニューの終端です。

県内初の一人1か月にわたる災害支援派遣

[2011年6月29日]

ID:2341

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

福祉自治体ユニットを通じて宮城県岩沼市へ3か月間、6人の職員を派遣

 本市では、7月~9月にかけて、東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県岩沼市へ6人の職員を派遣〔2人が1か月間 3か月間実施〕することになり、6月28日(火)午後、派遣職員の激励会を行いました。

 今回の派遣は、本市も加盟している「福祉自治体ユニット」加盟市町宛に支援要請があったもので、一人1か月にわたる派遣は、福祉自治体ユニットに加盟している県内8市町(大津市、近江八幡市、東近江市、竜王町、米原市、湖南市、愛荘町、日野町)で初めての派遣です。

 岩沼市では、主に被災者生活再建支援制度の申請受付や支払関係業務にあたります。

 派遣にあたり西澤市長は、6人の派遣職員に対して「岩沼市では、仕事に感謝される機会が今以上にあると思います。東近江市から来てもらって良かったと思っていただけるよう、一生懸命に仕事をしてきてください。貴重な経験を積み、一段と成長してこれからの仕事に生かしてください」と激励しました。

 また、6人を代表して、8月に派遣される総務課の田井中成元主事(32歳)は、「被災地の一日も早い復興のため、また市民のみなさんの期待にこたえられるよう頑張ってきます。1か月の派遣に理解をいただいた職場のみなさんにも感謝しています」と決意表明しました。

 6月30日に出発し、8月1日まで現地で活動にあたるこども支援センターの前川浩彰主事(28歳)は「復興支援の仕事の中で、東近江市の元気も届けてきたいと思います」と話ました。また、6人のうち唯一の女性職員である生涯学習課の中澤瑠美主事(27歳)は「地震、津波が来たら怖いという不安はありますが、女性としての気配りを大切に、お役に立てるよう一生懸命頑張ってきます」と話しました。

6人の職員の写真

お問合せ

東近江市役所総務部防災危機管理課

電話: 0748-24-5617  IP電話:050-5801-5617

ファックス: 0748-24-0752

お問合せフォーム

  • Higashiomi Journey 東近江市を知ろう
  • 観光情報・小旅行 東近江市を訪れよう
  • 定住移住促進サイト 東近江市で暮らそう
  • 東近江市の位置

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


県内初の一人1か月にわたる災害支援派遣への別ルート

ページの先頭へ戻る