ページの先頭です
メニューの終端です。

実施計画・事務事業評価

[2017年9月1日]

ID:2691

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成29年度実施計画/平成28年度事務事業評価

策定の趣旨

 この実施計画および事務事業評価は、限られた財源の中で、総合計画に基づく施策の着実な推進を図るとともに、市民の皆さんに公表することにより、市政推進の基本的な考え方である「市民と行政の協働」によるまちづくりを推進するために策定するものです。

実施計画とは

 実施計画は、基本計画に示された施策を具体的な事業として定めるものであり、財政的な裏づけや社会経済情勢を判断しながら、3年間の計画をローリング方式により毎年度更新することによって、実効性の高い計画とします。
 また、事務事業評価を行うことでPlan(計画策定)→Do(実施)→Check(確認)→Action(見直し)のサイクルの考え方を定着させ、顧客(市民)満足度などの経営の視点からの継続した見直しを図り、効率的・効果的な行政運営に努めます。

実施計画の体系

 東近江市総合計画における基本計画の施策体系に基づき、公債費、基金費を除く、全予算事業を対象として作成しています。

計画の体系

計画の体系(PDF版)

実施計画・事務事業評価シート  実施計画(平成29年度~平成31年度)・事務事業評価(平成28年度)

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る