ページの先頭です
メニューの終端です。

納付が困難な場合

[2014年4月1日]

ID:4837

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

◇減免および猶予の措置(申請が必要です)

 国保料の納付義務者(世帯主)または、その世帯の国保加入者が、事業の休廃業や失業、疾病、長期入院などにより収入が著しく減少した場合(※)や、震災、風水害、火災その他これらに類する災害により著しい損害を受けた場合などにより、保険料の納付が困難になった場合には、申請後到着する納期分の額についての保険料の減額や徴収猶予が認められる場合がありますので、詳しくは保険年金課までご相談ください。

※著しく減少した場合とは・・・
 納付義務者(世帯主)および国保加入者全員の本年(平成29年)中見込み合計所得金額が、前年中(平成28年中)の所得と比べて2分の1以下に減少し、かつ、平成29年度年間保険料の割合が本年(平成29年中)見込み所得の10%以上になる場合。

減免制度・徴収猶予制度についてはこちらをご覧ください

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

非自発的失業者の保険料の軽減について(申請が必要です)

 非自発的失業者の保険料軽減では、リストラなどで職を失った場合、在職中と同程度の負担で国民健康保険に加入できるように、失業時から翌年度末までの期間、前年給与所得を100分の30として、保険料を算定します。

◆対象者
 失業時点で65歳未満で、雇用保険の「特定受給資格者」(倒産、解雇等の事業主都合により離職した人)と、「特定理由離職者」(雇用期間満了などにより離職した人)の受給資格をお持ちの国民健康保険被保険者の人です。

◆対象期間
 離職日の翌日の属する月から離職日の属する年の翌年度末までです。

非自発的失業者の保険料の軽減についてはこちらをご覧ください

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。
担当窓口およびお問い合せ先
市民環境部 保険年金課 電話:0748-24-5632 IP電話:050-5801-5632
永源寺支所
 電話:0748-27-2183 IP電話:050-5801-2183
五個荘支所
 電話:0748-48-7310 IP電話:050-5801-7310 
愛東支所
 電話:0749-46-2261 IP電話:050-5801-2261
湖東支所
 電話:0749-45-3703 IP電話:050-5801-3703
能登川支所
 電話:0748-42-9912 IP電話:050-5801-9912
蒲生支所
 電話:0748-55-4884 IP電話:050-5801-4884

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る