ページの先頭です
メニューの終端です。

東近江市不妊に悩む人への特定治療支援事業

[2017年4月1日]

ID:4931

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

東近江市では「不妊に悩む人への特定治療支援事業」を実施しています。

不妊治療のうち、1回の治療費が高額となる体外受精または顕微授精による治療費用を助成します。

 

 体外受精および顕微授精(特定不妊治療)を受けられたご夫婦に対し、治療費の一部助成をします。
 

 また、平成29年4月1日以降に治療を終了した特定不妊治療のうち、男性不妊治療(精子を精巣上体から採取するための手術)

に対して治療費の一部助成を行います。

☆助成対象者☆

 助成の対象となるのは、次の条件にすべて該当する人です。

  1 申請時に、夫婦の両方または一方が東近江市に住所登録があること

  2 法律上の婚姻をしている夫婦であること

  3 申請時において、市税等の滞納がないこと

  4 「滋賀県不妊に悩む方への特定治療支援事業」の助成を受けていること

☆助成額☆

 【男性不妊治療を除く特定不妊治療】

  ・治療に要した費用のうち、県より助成を受けた不足分の2分の1を助成します。

   (当該額に100円未満の端数があるときは、当該端数を切り捨てた額)

  ・助成金の額は、1回の特定不妊治療につき70,000円を限度とします。

 

 【男性不妊治療による特定不妊治療】

  ・治療に要した費用のうち、県より助成を受けた不足分の2分の1を助成します。

   (当該額に100円未満の端数があるときは、当該端数を切り捨てた額)

  ・助成金の額は、1回の特定不妊治療につき50,000円を限度とします。

☆助成回数☆

  【助成回数】

   ●初めて助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢が40歳以上43歳未満の場合

    通算3回

 

   ●初めて助成を受ける際の治療開始時の妻の年齢が40歳未満の場合

    通算6回

☆助成の申請および決定☆

 県要綱に規程する助成の決定のあった日の属する年度内に申請してください。

 ただし、決定通知日が3月31日の場合は、通知が届いた日から30日以内、または同年6月30日までに申請してください。

 次の書類を添えて申請してください。

  • 東近江市不妊に悩む方への特定治療支援事業助成金交付申請書兼請求書
  • 滋賀県不妊に悩む方への特定治療支援事業受診等証明書の写し 
  • 滋賀県不妊に悩む方への特定治療支援事業承認決定通知書の写し
  • 医療機関発行の領収書の写し
  • その他市長が必要と認める書類

 ※申請後、審査を行い、助成対象者としての適否を決定し、承認決定通知書を送付します。

東近江市不妊に悩む方への特定治療支援事業申請書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

☆申請および問合せ☆

各保健センター・健康推進課
 施設名 住  所I  P電話番号
八日市保健センター八日市金屋二丁目6番25号 050-5801-5050 0748-23-5050
蒲生支所【保健師の窓口】市子川原町676番地050-5801-29100748-55-2910
湖東保健センター池庄町466番地 050-5801-3331 0749-45-3331
湖東支所【保健師の窓口】池庄町505番地050-5801-3331 0749-45-3331
能登川保健センター猪子町124番地050-5801-87020748-42-8702
五個荘支所【保健師の窓口】五個荘小幡町318番地050-5801-87020748-42-8702
能登川支所【保健師の窓口】躰光寺町262番地0748-42-7672
健康推進課八日市緑町10番5号050-5801-56460748-24-5646

お問合せ

東近江市役所健康福祉部健康推進課

電話: 0748-24-5646  IP電話:050-5801-5646

ファックス: 0748-24-1052

お問合せフォーム

  • Higashiomi Journey 東近江市を知ろう
  • 観光情報・小旅行 東近江市を訪れよう
  • 定住移住促進サイト 東近江市で暮らそう
  • 東近江市の位置

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


東近江市不妊に悩む人への特定治療支援事業への別ルート

ページの先頭へ戻る