ページの先頭です
メニューの終端です。

就学援助制度

[2019年7月30日]

ID:5673

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

就学援助制度の案内

 東近江市立の小・中学校または県立中学校にお子さんが在学されていて、経済的な理由により就学に必要な経費の負担が困難な家庭と認められる場合、保護者に学校給食費・学用品費などの費用の一部を援助しています。

対象者

 [1]生活保護を受けている世帯

 [2]児童扶養手当を受給している世帯(児童手当とは異なります。)

 [3]生活が経済的に極めて厳しく、学資などの支払いが困難と認められる世帯
    ⇒世帯全員の所得が東近江市教育委員会の定める基準額以下である世帯

受給できる世帯収入の目安

※世帯員全員の総収入で審査をします。家族構成等により基準額は異なります。

※下記の金額はおおよその目安です。実際の世帯に対する基準額について、個別の問合せには応じかねます。

  • 父と母(ともに30代)と子2人(中学生と小学生)の場合→約285万円以下
  • 保護者1人(30代)と子2人(中学生1名、小学生1名)の場合→約235万円以下
  • 保護者1人(30代)と子1人(小学生)の場合→約163万円以下

援助される費用

給付内容
種類 小学校中学校 給付の対象となる経費の内容 
 学用品費 11,520 22,510 学校における各教科・特別活動の学習に必要とされる学用品の経費
 新入学児童生徒学用品費等 50,600 57,400 小中学校に入学するあたって必要な物品等の経費(注1)
 通学用品費 2,250 2,250 通学のために必要とする物品の経費(注2)
 体育実技用具費 ― 7,570 体育の授業(柔道・剣道)に必要な用具の購入費用
 修学旅行費 21,670 60,300 修学旅行に参加するために必要な交通費、宿泊費、見学料などの経費
 校外活動費(泊あり) 3,650 6,150 キャンプなど、宿泊を伴う校外活動に必要な交通費と見学料
 校外活動費(泊なし) 1,580 2,290 遠足など、宿泊を伴わない校外活動に必要な交通費と見学料
 通学費 実費 実費 通常の経路および方法により通学する場合の交通費
 医療費 実費 実費 歯の治療など、学校保健安全法施行令第8条に定められた病気にかかる治療費
 学校給食費 実費 実費 給食費としてお支払いいただいた経費

 上の表は4月から1年を通して認定された児童生徒の給付限度額(年額)です。

 年度途中に認定を受けた場合や対象者から外れた場合は、給付額が異なります。

 なお、生活保護を受けている世帯は、修学旅行費のみを支給します(上限額なし)。

  •  注1 ・・・4月認定を受けた新1年生のみ
  •  注2 ・・・1年生には支給されません

給付方法

 就学援助費(医療費を除く。)は、原則として保護者の預金口座へ振り込みます。

 ただし、学校徴収金(学級費・学年費・給食費など)について未納がある場合は、学校口座に振り込まれ、学校を通して現金でお渡しします。

申請方法

 就学援助費の受給には、申請書等の必要書類を提出し、認定を受けることが必要です。ただし、所得制限などの諸要件によっては認定されない場合もあります。

 申請は毎年度必要です。年度途中でも随時受け付けていますが、認定された場合、給付は申請書受理日の翌月からになります。

チラシ・申請書

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問合せ

東近江市役所 教育委員会 教育総務課

電話: 0748-24-5670  IP電話:050-5801-5670

ファクス: 0748-24-5694

お問合せフォーム

  • 観光情報・小旅行 東近江市を訪れよう
  • 定住移住促進サイト 東近江市で暮らそう
  • 東近江イズム。東近江市を知ろう
  • 東近江市の位置

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る