ページの先頭です
メニューの終端です。

鳥獣害対策用の電気柵による感電事故の防止について

[2015年7月27日]

ID:6006

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

鳥獣害対策用の電気柵による感電事故の防止について

 去る7月19日(日)、静岡県西伊豆町において、鳥獣害対策用に設置された電気柵での感電による痛ましい事故が発生しました。

電気柵は、獣害対策に有効ですが、その設置にあたっては、感電や火災のおそれがないように安全対策をとることが義務付けられています。

電気柵による感電事故の発生防止のために下記事項を遵守していただき、電気柵の設置、使用についてはご注意ください。

 

  1. 電気柵の電気を30ボルト以上の電源(コンセント用の交流100ボルト等)から供給するときは、電気用品安全法(昭和36年法律第234号)の適用を受ける電源装置(電気用品安全法の技術基準を満たす、電気さく用電源装置)を使用してください。
  2. 上記1.の場合において、公道沿いなど人が容易に立ち入る場所に設置する場合は、危険防止のために、15ミリアンペア以上の漏電が起こった時に0.1秒以内に電気を遮断する漏電遮断器を設置してください。
  3. 電気柵を設置する場合は、周囲の人が容易に視認できる位置や間隔、見やすい文字で危険表示を行ってください。

電気柵の設置、使用のイメージ図

お問合せ

東近江市役所農林水産部林業振興課

電話: 0748-24-5523

ファックス: 0748-23-8291

お問合せフォーム

組織内ジャンル

農林水産部林業振興課

  • Higashiomi Journey 東近江市を知ろう
  • 観光情報・小旅行 東近江市を訪れよう
  • 定住移住促進サイト 東近江市で暮らそう
  • 東近江市の位置

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


鳥獣害対策用の電気柵による感電事故の防止についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る