ページの先頭です
メニューの終端です。

10月10日(祝)道の駅「奥永源寺渓流の里」が一周年を迎えました

[2016年10月11日]

ID:7170

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

10月10日(祝)道の駅「奥永源寺渓流の里」が一周年を迎えました

一周年を記念して作られた展望テラスオープンのテープカットの様子

▲展望テラスオープンのテープカット

新鮮野菜や特産品を販売する「山里市場」の様子

▲新鮮野菜や特産品を販売する「山里市場」

展望テラスから鈴鹿山脈を臨む

▲展望テラスからの眺望

 10月8日(土)から10日(祝)にかけて、道の駅「奥永源寺渓流の里」(蓼畑町510番地)で開駅1周年記念祭が開催されました。

 記念祭に先駆けて行われた開駅1周年記念式典では、同駅2階部分に「風薫る森のテラス」と名付けられた木製の展望テラスがオープンするにあたりテープカットが行われました。また、八日市南高校花緑デザイン科3年生の生徒のみなさんが1周年にあわせて整備された入口庭園もお披露目されました。

 旧政所中学校の校舎を改修して作られた同駅は、昨年10月10日に滋賀県で18番の道の駅としてオープンし、本市の東の玄関口として1年間で30万人弱が訪れました。同駅を運営する奥永源寺渓流の里運営協議会が「利用者に感謝の思いを伝えたい」と今回の記念祭を主催しました。 

 記念祭では、地元住民のみなさんが新鮮野菜や特産品を販売する「山里市場」や飲食バザーなどに加え、フリーマーケットや骨董市も行われ、大勢の人でにぎわいました。また、1周年を記念して、同駅売店で500円以上購入した人に「道の駅記念きっぷ」(500枚限定、先着順)をプレゼントしたほか、地元特産の政所茶の粉末を使用し、丁字麩をラスクにしたお菓子を販売するなど、記念日のお祝いムードに包まれました。

  初めて訪れたという横浜市在住の20代のご夫婦は「展望台は、山の木々が一望でき、季節を感じられて気持ちがいいです。初めて訪れましたが、校舎の面影がしっかりと残っていて、とても懐かしい感じがしました。」と話されました。

 

Facebook東近江市公式ページ「東近江ジャーニー」で、もっと写真が見られます!

お問合せ

東近江市役所企画部広報課

電話: 0748-24-5611  IP電話:050-5801-5611

ファックス: 0748-24-1457

お問合せフォーム

  • Higashiomi Journey 東近江市を知ろう
  • 観光情報・小旅行 東近江市を訪れよう
  • 定住移住促進サイト 東近江市で暮らそう
  • 東近江市の位置

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る