ページの先頭です
メニューの終端です。

電源立地地域対策交付金活用事業

[2016年10月20日]

ID:7210

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

東近江市には、永源寺発電所、黄和田発電所および神崎川発電所の3か所の発電所があることから、国から電源立地地域対策交付金の交付を受け、市の事業に活用しています。

平成27年度は、道の駅奥永源寺渓流の里看板設置工事、同道路標識設置工事および農村地域再生可能エネルギー活用推進事業に活用しました。

平成27年度の事業概要
            事業名  事業費   交付金額 
 道の駅奥永源寺渓流の里看板設置工事 3,412,800円  3,400,000円
 道の駅奥永源寺渓流の里道路標識設置工事  837,000円   800,000円
 農村地域再生可能エネルギー活用推進事業  200,000円   200,000円 

次の資源エネルギー庁のホームページからは、ほかの年度およびほかの市町の活用状況もご覧いただけます。

【事業概要】

http://www.enecho.meti.go.jp/committee/disclosure/dengenkoufukin1/

【事業評価報告書】

http://www.enecho.meti.go.jp/committee/disclosure/dengenkoufukin2/

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る