ページの先頭です
メニューの終端です。

市・県民税の医療費控除の特例(スイッチOTC医薬品控除)について

[2016年12月22日]

ID:7414

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 市・県民税について、平成30年度課税分(平成29年分所得)から、所得控除に医療費控除の特例(スイッチOTC 医薬品控除)が追加されます。
 この制度は、適正な健康管理の下で医療用医薬品からの代替を進め、セルフメディケーション(自主服薬)を推進する観点から施行されるものです。

 制度の詳しい内容については、厚生労働省のホームページをご覧ください。

 厚生労働省:セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について(別ウインドウで開く)

 


スイッチOTC医薬品とは

 医師の処方が必要だった医療用医薬品から転用された、薬局などで購入できる一部の医薬品のことをいいます。


対象品目一覧

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

対象者

 以下の(1)~(5)のいずれかを受けている人

 (1)特定健康診査(メタボ健診)
 (2)予防接種
 (3)定期健康診断(事業主健診)
 (4)健康診査(人間ドックなど)
 (5)がん検診

 ※これらの検診などを受けたことを明らかにする書類の提出または提示が必要になります。

控除対象額

 自己または自己と生計を一にする配偶者、そのほかの親族に係るスイッチOTC医薬品の購入代価を支払った場合において、その年中に支払った費用のうち1万2千円を超える額が対象です。ただし、その金額が8万8千円を超える場合は、8万8千円が上限となります。

 ※スイッチOTC医薬品の購入金額がわかる領収書の提出または提示が必要になります。
 ※上記(1)~(5)の検診などにかかった費用については対象になりません。

対象期間

 平成29年1月1日から平成33年12月31日まで

 ※平成30年度課税分(平成29年分所得)から適用開始となります。

注意点

 ※従来の医療費控除とスイッチOTC医薬品控除を併用して適用はできません。

お問合せ

東近江市役所税務部市民税課

電話: 0748-24-5604  IP電話:050-5801-5604

ファックス: 0748-24-5577

お問合せフォーム

  • Higashiomi Journey 東近江市を知ろう
  • 観光情報・小旅行 東近江市を訪れよう
  • 定住移住促進サイト 東近江市で暮らそう
  • 東近江市の位置

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る