ページの先頭です
メニューの終端です。

「平成29年就業構造基本調査」について

[2017年8月25日]

ID:8045

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成29年就業構造基本調査を行います

就業構造基本調査2017


調査員が伺いましたら、ご回答をお願いします。
「パソコン」や「スマートフォン」で簡単に回答できます。

就業構造基本調査とは?

この調査は、日本の就業・不就業の実態を明らかにすることを目的として、統計法に基づき実施する国の重要な統計調査です。

調査結果は、雇用政策、経済政策などの企画・立案のための基礎資料として活用されます。

調査の期日(基準日)

平成29年10月1日(日)現在で実施します。 ※調査は8月下旬から行われます。

調査の対象区域

八日市東本町、東沖野二丁目、東沖野五丁目、聖和町、聖徳町、栄町、八日市本町、八日市浜野町、建部南町、妙法寺町、中小路町、御園町、上大森町、布引台二丁目、布施町、下羽田町、野口町、小脇町、今崎町、東今崎町、永源寺相谷町、上二俣町、五個荘中町、五個荘竜田町、五個荘北町屋町、五個荘伊野部町、五個荘川並町、妹町、青山町、長町、北菩提寺町、平松町、躰光寺町、林町、今町、神郷町、佐野町、猪子町、能登川町、栗見出在家町、木村町、桜川西町、綺田町、蒲生堂町、宮川町  

※区域内の全世帯が対象ではありません。一部の範囲が対象となります。

調査事項

以下の項目を調査します。

 ・すべての人について

    男女の別、出生の年月、教育の状況、育児・介護の有無など

 ・ふだん仕事をしている人について

    雇用契約期間、仕事内容、1週間あたりの就業時間、現職に就いた理由など

 ・ふだん仕事をしていない人について

    就業希望の有無、希望する職種、求職活動の有無など

調査の方法

調査員が調査対象区域内の世帯を訪問し、調査書類を配布します。インターネットまたは紙の調査票で回答してください。

※この調査では、インターネットでの回答を推進しています。お手持ちのパソコンやスマートフォンから回答することができますので、ぜひご利用ください。

就業構造基本調査に関することは

総務省統計局のホームページでご覧になれます。

「総務省統計局」で検索してください。  http://www.stat.go.jp/date/shugyou/2017/index.htm 


回答していただいた内容の秘密は守られます

 ・ 調査票などの関係書類は厳格に管理されます。

 ・ 回答していただいた内容は、統計法で定められた目的以外に利用することはなく、回答いただいた人に不利益をもたらすことはありません。

 ・ 調査に携わる調査員には「守秘義務」があり、調査で知り得たことを漏らすことはありません。

 

「かたり調査」にご注意ください

 ・ 金銭を要求することや、銀行口座、クレジットカード番号をお聞きすることはありません。

 ・ 就業構造基本調査をよそおった不審な訪問者や、不審な電話・電子メールなどにご注意ください。

 ・ 調査員は、その身分を証明する「調査員証」を必ず携帯しています。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


「平成29年就業構造基本調査」についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る