ページの先頭です
メニューの終端です。

今日から実践!食品ロス削減

[2017年12月1日]

ID:8154

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

食品ロスとは

 まだ食べられるのに捨てられている食べ物、いわゆる「食品ロス」が日本では年間約632万トンにも上ります。
 これを日本人1人当たりに換算すると、毎日お茶碗約1杯分(約136g)のご飯を捨てていることになります。
 私たちは多くの食べ物を輸入しながら、大量に捨てているのです。

食品ロスの約半分は家庭から

 食品ロスのうち約半分は家庭から発生したものです。原因は食べ残しや皮のむき過ぎ、消費期限を超えたものの破棄などによるものです。
 必要な量だけ購入して食べきることが削減のポイントです。

家庭からの食品ロスを削減するには

事前に冷蔵庫内などをチェック

 メモ書きや携帯で撮影した画像が有効です。

必要な食材をこまめにゲット

 食品ロスが多いのは野菜などの生鮮食料品です。

 必要以上に買った場合は、冷凍保存も活用しましょう。

自家製野菜の作り過ぎにも注意

 食べきれる分だけをつくりましょう。

 余ったときはご近所に配るなどして無駄を減らしましょう。

残ってる食材から使う

 「いつか食べる」は食品ロス予備軍です。

野菜や果物は厚むきしない

 生ごみは減って、栄養は増えます。

食材を上手に食べきる

 日を決め、定期的に冷蔵庫や収納庫を整理しましょう。

外食での食品ロスを削減するには

食べきれる量のメニューを注文しましょう

 ハーフサイズメニューや少量コースなどちょうど良いメニューを選択しましょう。

食べ放題のお店でのマナー

 食べ放題のお店では、元を取るために無理をして皿に盛ったり、食べ残すのはやめましょう。


今日から実践!食品ロス削減

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

もっと詳しく知りたい方は(外部リンク)

お問合せ

東近江市役所市民環境部廃棄物対策課

電話: 0748-24-5636  IP電話:050-5801-5636

ファックス: 0748-24-5692

お問合せフォーム

組織内ジャンル

市民環境部廃棄物対策課

  • Higashiomi Journey 東近江市を知ろう
  • 観光情報・小旅行 東近江市を訪れよう
  • 定住移住促進サイト 東近江市で暮らそう
  • 東近江市の位置

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


今日から実践!食品ロス削減への別ルート

ページの先頭へ戻る