ページの先頭です
メニューの終端です。

平成30年度東近江市小規模事業者既存店舗リノベーション支援事業補助金について

[2018年5月21日]

ID:8771

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

東近江市小規模事業者既存店舗リノベーション支援事業補助金について

事業内容

 小規模事業者が、市内の経済団体が行う経営発達支援計画による支援を受けて作成した経営計画に基づき取り組む事業のうち、店舗の改修などに係る部分について工事費用の一部を助成します。

助成内容

補助率:工事費用の2分の1 (上限50万円)

 ※50万円以上の工事に限る

補助対象者 ※次のすべてに該当する人

(1) 既存店舗の改修などの費用を負担する人

(2) 小規模事業者であること(卸売業、小売業またはサービス業を営む小規模事業者)

(3) 八日市商工会議所または東近江市商工会の会員であること。

(4) 八日市商工会議所または東近江市商工会が小規模事業者経営発達支援計画に基づいて行う支援を受け事業を実施していること。

(5) 補助金交付申請書の申請内容に基づき、店舗として3年以上活用する予定があること。

(6) 市税などの滞納がない人

(7) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条に規定する暴力団または暴力団員でないこと。 法人の場合は、役員および社員が暴力団員でないこと。

(8) 市内で2年以上の営業実績があること。

補助対象工事

(1) 既存店舗の改修または増改築および附帯施設の設置工事 (新築工事および購入してきた備品や家電製品などの簡易な取付などが主となるものは対象としない。)

(2) 市内工事業者と契約して行う50万円以上(消費税を含む)の経費を要するものであること。

(3) 併用住宅の店舗改修など工事をするときは、改修後の非住居部分に関するものであること。

(4) 補助金の交付申請の日の属する年度内に着手し、当該年度の3月末日までに完了し、実績報告を行えるものであること。

(5) 補助を受けようとする店舗改修など工事について、国、県または市の他の制度による補助金などを受けていないこと。

※すでに完成した工事および着手済みの工事は対象になりません。交付決定後に工事着手してください。


〇補助対象となる工事             

  店舗の安全性、耐久性、営業収益などを向上させるための改修工事

(例)  ・増改築工事  ・内装工事  ・外装工事  ・店舗周辺の外構工事(※庭、花壇、店舗前舗装などを除く)

     ・給排水設備工事  ・空調設備工事  ・電気、ガスなどの設備工事

〇補助対象とならない工事

 ・新築…既存店舗のない土地に新たに店舗を建築する場合、または既存店舗を解体し、新たに店舗を建築する工事   

 ・備品の購入費用や購入してきた家電製品などの簡易な取付に係る費用

 ・本補助金の交付決定前に着手した工事

 ・土地の購入費、倉庫または物置の設置費、仮店舗や仮設に関する費用、工事用機械・用具の購入費、領収書などで使途の明確にできない費用

制度内容資料

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

申込みの流れ

[1]交付申請

〇受付期間

 6月1日(金)~6月29日(金)9時00分から17時00分まで

 商工労政課窓口(東近江市役所本庁舎本館2階)へ申請書類を持参してください。

 ※審査により補助の可否を決定します。交付可否は受付期間終了後に決定します。


〇以下の書類を提出してください。

 ・小規模事業者既存店舗リノベーション支援事業補助金交付申請書(様式第1号)

 ・事業概要説明書(様式第2号)   

 ・経営発達支援計画による支援を受けて作成した経営計画書

 ・個人情報の同意書(様式第3号)

 ・誓約書(様式第4号)

 ・既存店舗の改修などに係る図面および見積書  

 ・既存店舗の位置図および工事箇所の現況写真

 ・八日市商工会議所または東近江市商工会の意見調書   

 ・直近の決算書2期分(個人の場合は確定申告書)

 ・既存店舗の賃貸契約書または建物登記簿の写し 

 ・市税などの完納証明書

 ・その他市長が必要と認める書類

[2]書類確認・ヒアリング・現場確認・総合審査

書類内容を確認後、ヒアリング、改修など予定店舗の現場確認を行い、総合的な審査により、補助の可否を決定します。

※必ず交付決定後に工事着手してください。

[3]審査可否通知・交付決定・工事着工

 審査可否は交付決定通知書、不交付決定通知書にてお知らせします。

 審査可の人は交付決定通知を受領後、工事着手してください。

[4]実績報告書類の提出、額の確定および交付請求書類の提出

工事完了日から30日以内または当該年度の3月末日のいずれか早い日までに以下の書類を提出してください。

【実績報告提出書類】

 ・小規模事業者既存店舗リノベーション支援事業補助金実績報告書(様式第9号)

 ・店舗改修など工事に係る請求書

 ・店舗改修など工事に係る領収書

 ・工事完了後の写真

 ・その他市長が必要と認める書類


【交付請求提出書類】

 ・小規模事業者既存店舗リノベーション支援事業補助金交付請求書(様式第11号)

 ・口座振替依頼書

お問合せ

東近江市役所商工観光部商工労政課

電話: 0748-24-5565  IP電話:050-5802-9540

ファックス: 0748-23-8292

お問合せフォーム

組織内ジャンル

商工観光部商工労政課

  • 観光情報・小旅行 東近江市を訪れよう
  • 定住移住促進サイト 東近江市で暮らそう
  • 東近江イズム。東近江市を知ろう
  • 東近江市の位置

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


平成30年度東近江市小規模事業者既存店舗リノベーション支援事業補助金についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る