ページの先頭です
メニューの終端です。

【9月22日(土)から11月18日(日)まで】(公財)観峰館にて「雪野山古墳の全貌」展を開催します

[2018年8月23日]

ID:9069

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

重要文化財「雪野山古墳出土品」のすべてが目の前に!

  雪野山古墳は、今からおよそ1,700年前、東近江市の南西に位置する雪野山山頂(標高約308メートル)に築造された、全長70メートルの前方後円墳です。ヤマト政権の管理の元、規格性のある古墳が各地に広がり、列島に国家の枠組みが見え始めたとされる時期の遺跡です。

 雪野山古墳は、埋葬施設が未盗掘の状態で残っていたことで、副葬品のセット関係や配列、水銀朱の散布行為などの当時の葬送儀礼が復元される稀有な古墳であり、大阪大学を中心とした精緻な調査が学術的に高い評価を受け、歴史の解明に寄与しています。その結果、古墳は史跡、出土品は重要文化財に指定され、国を代表する遺跡となっています。

雪野山古墳ホームページ(別ウインドウで開く)

展示案内のポスター画像が開きます

展示案内ポスター

展示の見どころ

 雪野山古墳の副葬品は、三角縁神獣鏡を始めとする銅鏡、石製品、ガラス小玉、鉄冑、刀剣類、鉄鏃(てつぞく)、銅鏃(どうぞく)、鉄製農工漁具、壺形土器、弓矢の矢筒などの漆製品で構成され、重要文化財だけでも218点に及びます。東近江市では、平成23年度から平成28年度に、一部の副葬品について文化財保存修理を実施し、毎年秋に能登川博物館にて展示を行うとともに、「歴史に親しむ講座」を開催しています。

 今年の展示は、雪野山古墳の副葬品すべてが一堂に会する初の試みです。また、会場となる観峰館は、2年前の新館オープンにより、地域の歴史文化に視点を置いた展示が行われるようになり、今回初めて、市と共催で実施します。

 展示では、古墳時代前期の副葬品のセットを一目で見ることができます。現代では復元できない、超絶技巧で作られた工芸品とも呼べる副葬品の数々や、大陸産と考えられる銅鏡や鉄冑をどうやって手に入れることができたのかなどの謎解きの要素を堪能してください。東近江市の歴史文化の奥深さを理解し、楽しんでいただけるように、写真、図面、レプリカを多数展示し、解説します。

雪野山古墳を象徴する銅鏡・壺形土器・刀剣類です。

繊細でとても美しい、碧玉製品やガラス玉です。

96本を数える大量の銅鏃(どうぞく)は圧巻です。

(公財)観峰館秋季特別企画展「雪野山古墳の全貌」


期間:9月22日(土)から11月18日(日)9時30分から17時まで ※月曜休館

場所:観峰館(公益財団法人日本習字教育財団)新館

   東近江市五個荘竜田町136

料金:大人千円、学生800円、中学生以下無料

   市内の各戸に無料観覧チケットがついたチラシを配布します。このチラシ持参により、無料で何回でも閲覧できます。

(公財)観峰館ホームページへ(別ウインドウで開く)


(公財)観峰館新館の外観

記念講演会「三角縁神獣鏡と雪野山古墳」

雪野山古墳の発掘調査を行われ、三角縁神獣鏡研究の第一人者である福永先生の特別講義です。


日時:9月29日(土)13時30分から

講師:福永伸哉先生(大阪大学文学研究科文化形態専攻教授)

参加費:無料(入館料が必要です。)

定員:70人

申込:(公財)観峰館(電話:0748-48-4141)


雪野山古墳バスツアー

(公財)観峰館での講座・展示観覧と、雪野山古墳への現地見学を行います。

雪野山古墳を満喫できるバスツアーです。


日時:10月20日(土)10時00分から17時00分まで

講師:上田直弥先生(大阪大学埋蔵文化財調査室助教)

行程:JR能登川駅10時発 = (公財)観峰館(講座・観覧) = ぷらざ三方よし(地産地消によるお弁当) = 県史跡八幡社古墳群(後期古墳) = 史跡雪野山古墳(前期古墳:30分ほどの登山です。) = 県史跡木村古墳群(中期古墳) = 五個荘観光センター(買い物) = JR能登川駅17時頃

費用:一人あたり4,500円

(貸切バス代、お弁当、観覧料、図録、保険料を含む ※飲物、個人用持ち物は含みません。)

定員:45人

申込み:(一社)東近江市観光協会

電話:0748-48-2100 ファクス:0748-48-6698

E-mail:higashiomi-tabi@e-omi.ne.jp


考古学体験教室

日時:10月21日(日)

場所:(公財)観峰館 講座室

勾玉づくり:10時00分から12時頃まで 参加費300円 (定員30人)

ミニチュア鏡鋳造体験:13時00分から15時頃まで 参加費800円(定員15人)

申込み:(公財)観峰館(電話:0748-48-4141)

ミニチュア鏡は雪野山古墳の内行花文鏡(ないこうかもんきょう)がモデルです。
鋳型協力:(公財)滋賀県文化財保護協会

土曜講座「雪野山古墳の出土遺物について」

日時:11月10日(土)13時00分から14時00分まで

場所:(公財)観峰館 講座室

講師:東近江市教育委員会 歴史文化振興課 職員

参加費:500円

定員:20人

申込:(公財)観峰館(電話0748-48-4141)

お問合せ

東近江市役所教育委員会埋蔵文化財センター

電話: 0748-42-5011  IP電話:050-5801-5011

ファックス: 0748-42-5816

お問合せフォーム

組織内ジャンル

教育委員会埋蔵文化財センター

  • 観光情報・小旅行 東近江市を訪れよう
  • 定住移住促進サイト 東近江市で暮らそう
  • 東近江イズム。東近江市を知ろう
  • 東近江市の位置

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


【9月22日(土)から11月18日(日)まで】(公財)観峰館にて「雪野山古墳の全貌」展を開催しますへの別ルート

ページの先頭へ戻る