ページの先頭です
メニューの終端です。

寡婦(夫)控除のみなし適用による保育料の軽減について

[2019年4月24日]

ID:10305

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

寡婦(夫)控除のみなし適用による保育料の軽減について

  ひとり親家庭のうち、死別、離婚によるひとり親家庭は、市町村・県民税および所得税の寡婦(夫)控除の対象となる一方で、未婚のひとり親家庭については、寡婦(夫)控除の対象外となっており、同じ所得額などであっても税額に差が生じ、市町村民税額を算定基準とする保育料についても差が生じる場合があります。

  本市では、このような状況を解消するため、未婚のひとり親家庭に対し、寡婦(夫)に該当するものとみなし、保育料の軽減を行います。

1 対象者

  保育料の算定基準となる年度の前年の12月31日および申請日現在において、次の(1)から(3)のいずれかの要件をみたしており、かつ東近江市に居住していること。

  (1) 婚姻歴がなく、また現在婚姻状態(事実婚含む)にない母であり、生計を一にする子(子の総所得金額が38万円以下)がおり、ほかの人の控除対象配偶者や扶養親族となっていないこと。

  (2) (1)であり、かつ子を税法上扶養しており、申請者の合計所得金額が500万円以下であること。

  (3) 婚姻歴がなく、また現在婚姻状態(事実婚含む)にない父であり、生計を一にする子(子の総所得金額が38万円以下)を税法上扶養しており、ほかの人の控除対象配偶者や扶養親族となっていない。また、申請者の合計所得金額が500万円以下であること。

2 軽減内容

  保育料に係る市町村民税所得割の算定に当たり、地方税法上の寡婦(夫)控除が適用されたものとみなします。

3 申請方法

 該当すると思われる人は、幼児課までお問い合わせいただき、申請に必要な書類などを確認してください。

4 注意事項

 ・ すでにほかの保育料の軽減を受けている場合、保育料が減額されない場合があります。

 ・ みなし適用の結果、保育料が減額されない場合があります。

 ・ みなし適用の結果、軽減される場合は、申請日の翌月から保育料が軽減されます。

 ・ みなし適用の認定期間を超えて適用を受ける場合は、あらためて申請手続きが必要となります。

 ・ 本制度は、保育料の寡婦(夫)控除のみなし適用に関するものであり、他事業では適用となりません。

みなし寡婦(夫)控除申請書

お問合せ

東近江市役所 こども未来部 幼児課

電話: 0748-24-5647  IP電話:050-5801-5647

ファクス: 0748-23-7501

お問合せフォーム

組織内ジャンル

こども未来部幼児課

  • 観光情報・小旅行 東近江市を訪れよう
  • 定住移住促進サイト 東近江市で暮らそう
  • 東近江イズム。東近江市を知ろう
  • 東近江市の位置

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


寡婦(夫)控除のみなし適用による保育料の軽減についてへの別ルート

ページの先頭へ戻る