ページの先頭です
メニューの終端です。

令和2年12月定例会

[2020年12月2日]

ID:12495

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

令和2年12月市議会定例会市長開会挨拶【令和2年11月30日】

 令和2年12月市議会定例会開会に当たりまして、ごあいさつを申し上げます。

 本日、令和2年12月東近江市議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位には御多用の中、御出席を賜り、誠にありがとうございます。議員の皆様には、東近江市の発展と市民の福祉増進のため、日々、御活躍をいただいておりますことに厚くお礼を申し上げます。

  さて、新型コロナウイルス感染症についてでありますが、世界各地では依然として感染症が拡大する中、国内でも11月に入り新規の感染症患者数が、連日、過去最多を上回る状況が続いており、第3波と思われる感染の広がりに、たいへん心配をいたしているところでございます。

 県内では、大学や病院などでクラスターと呼ばれる集団感染が発生するなど、11月初旬から3週連続で新規感染者数が40人を超え、これまでに700人を超える方の感染が報告されております。また、本市におきましては、9月に新規の感染が確認されて以降6人増加し、現時点で29人の感染が確認されております。 

 県においては、経路不明の感染者数に大きな増加傾向は認められないものの、感染者数が増加傾向にあり、ステージ判断の指標が一過性ではなく継続して基準値を超えていること、近隣府県で感染者数の増加が認められること等々から、11月17日に、感染者の漸増(ぜんぞう)及び医療提供体制への負荷が蓄積する段階にあるとして、新型コロナウイルス感染症の警戒レベルを注意ステージに引き上げたところであり、本市においても引き続きその動向を一層注視し、警戒を強めなければならないものと考えております。

  これから年末年始を迎え、大人数や長時間にわたる飲食、飲酒を伴う懇親会の機会も増えてくることと思います。市民の皆様には、引き続きマスクの着用、手洗いやこまめな換気、また3密を避けるなど徹底した予防対策と十分な体調管理に努めていただきますよう改めてお願いを申し上げます。

  本市におきましては、5月臨時会以降これまで新型コロナウイルス感染症対策として、長期的な視点に立って感染症の拡大防止と市民生活への支援や地域経済や社会活動の安定と再開に向けた支援、更には市内の消費喚起策等々のさまざまな対策を講じてまいったところでございます。

 本定例会におきましても、再び感染症の拡大がみられる中で、子育て世帯の経済的、精神的な負担を軽減するための支援、近江牛の肥育農家への支援をはじめ、中小企業の事業継続のための利子補給について、新たに基金を創設し積み立てるなどの感染症対策の充実と強化を図る第6弾となります補正予算案を取りまとめたところであり、引き続き適切な対応を行ってまいりたいと考えております。

 さて、本市の紅葉の名所であります永源寺や百済寺、石馬寺などには、深まる秋を楽しもうと多くの観光客の皆様にお越しいただいております。 コロナ禍の中ではありますが、大本山永源寺の境内では、今年もまちづくり協議会によるライトアップが行われ、日中の色彩豊かな光景とは異なり、趣ある幽玄の世界が演出されました。

 一方で、例年であれば、東近江市秋まつりとして開催しております「農林水産まつり」や「二五八祭」などの市を代表する秋の恒例イベントのほか、市内各地区で開催される文化祭などについても、今年度は、非常に残念ではございましたが、新型コロナウイルス感染症の影響で中止や規模が縮小され、市民の皆様にとって、本市の秋を十分に満喫していただくことが叶わなかったのではないかと感じております。 

 11月20日には、国の文化審議会から聖徳太子が創建したと伝わる百済寺につきまして、その境内地の一部を国史跡に追加指定するよう、また、建部下野町に所在する弘誓寺の本堂、庫裏、鐘楼堂など6件の建造物を新たに登録有形文化財として登録するよう文部科学大臣に答申されたところでございます。

 今回、追加指定される百済寺境内の区域は、平成20年7月に国史跡の指定を受けました総門に近接する約1万平米で、本堂に続く旧参道沿いには200近い坊跡や堂跡があったと考えられております。百済寺境内には、多数の坊跡など中世の遺構が良好に保存されており、我が国における中世の宗教と寺院のあり方を知る上で重要な遺跡となっております。

 また、新たに文化財登録される弘誓寺の本堂をはじめ6件の建造物は、江戸時代後期に整備された寺院の景観を伝えるものであり、国土の歴史的景観としての価値が高く評価されたものでございます。

 このように地域の資源を磨き上げることにより、本市の歴史や文化に、新たな光が当たることになったことをたいへん喜ばしく感じるとともに、市内に数多く存在する全国に誇るべき歴史、文化、伝統を更に磨きあげていかなければと強く感じたところでございます。

 12日には、国道307号改良促進協議会の会長として構成市町の首長とともに、国土交通省に要望活動を行ってまいりました。 国道307号は、滋賀県、京都府、大阪府を結ぶ重要な広域幹線道路で、沿線には工業団地が形成される産業や経済活動を支える重要な道路でありますが、狭隘区間の解消や歩道整備など、まだまだ対策が必要な箇所がございます。

 本市おきましては、長年にわたり懸案となっておりました平柳町地先から池之尻町地先のバイパス整備が再び動き出した状況であり、早期の着手に向け集中的な対策の必要性を強く訴えてまいりました。同省では、国土強靭化に資するための道路インフラの整備推進について、たいへん熱心に耳を傾けていただいた次第でございます。

 今後におきましても、本市の地方創生を実現するため、国や県に対しあらゆる機会を捉え要望を行うとともに、本市の地理的優位性を最大限にいかし、地域力を高めてまいりたいと考えております。

 13日には、近畿地水株式会社から寄付として、市内30箇所の指定避難所に、災害時用の井戸の設置をしていただきましたことから、感謝状の贈呈式を執り行いました。 これは、平成30年1月に同社から創業30周年を記念し、井戸を掘るという専門技術をいかし、危機管理に役立ててもらいたいとの思いで設置の申出をいただいたもので、およそ2年の歳月をかけ整備を完了していただいたものでございます。

 本市の災害に対する備えを更に充実、強化することができ、改めて感謝申し上げる次第でございます。 今後におきましても、有事に対して日頃の備えを再確認し、より一層の防災、減災対策に努めてまいりたいと考えております。

 コロナ禍での新たな取組といたしまして、10月1日から近江鉄道八日市駅前グリーンロードの歩道を活用して実施したオープンカフェ事業は、10月31日までの期間であったものを11月15日まで延長して取り組んでまいりました。実施期間中は、近江鉄道を利用し本市を訪れた方、通勤や通学の方、地元の皆さんなどに利用していただき、中心市街地のにぎわい創出につながったものと考えております。

 「八日市駅前えいとてらす」と称して実施した今回の取組は、新型コロナウイルス感染症の影響を受ける飲食業の支援策として国が道路占用許可基準を緩和したことがきっかけの限定的なものでありましたが、中心市街地の活性化に有効な取組の一つであったと考えており、次年度以降の継続した事業の可能性を探ってまいりたいと考えているところでございます。

 中心市街地では冬の風物詩となっております駅前グリーンロードをライトアップする「East Rainbow」が11月23日から実施されています。この事業は、商工会議所青年部の皆さんが中心となって毎年行われており、今年で16回を数えます。今年は開催期間を来年の2月19日までとし、昨年の約2倍の期間に延長するとともに、県立八日市高等学校の生徒の皆さんをはじめ沿道の店舗等の御協力の下、例年にもましてイルミネーションの充実が図られています。 

 また、湖東地区でも、「コトナリエ ウィンターアヴェニュー」と称して11月21日から、湖東支所前からひばり公園までの一帯でイルミネーションが点灯されます。この取組は、本年度の「コトナリエ サマーフェスタ」がコロナ禍の影響で中止となったことから、湖東地区まちづくり協議会の皆さんが、地域に希望の光を灯(とも)し続けたいとの思いで、来年の1月31日まで実施いただくものです。

 冬の夜を彩る美しい光の演出は、コロナ禍の中で、ともすれば気持ちが沈みがちになりますが、訪れる人々の心に少しでも癒しを与えてくれる効果があるものと感じており、市内外から多くの方に訪れていただくことを大いに期待しているところでございます。

 そのほか、 

〇ラグビートップリーグのNTTドコモレッドハリケーンズが布引陸上競技場でキャンプを張り、選手も含め多大な成果を上げてくれたこと(10月26日~11年1月開催)

〇びわこ学院大学駅伝部が、大学三大駅伝と言われる全日本大学駅伝対校選手権大会(愛知県 熱田神宮~三重県 伊勢神宮)に、創部5年目で滋賀県内の大学として初出場を果たし、見事にタスキをつなぎゴールできたこと(11年1月開催)

〇女子硬式野球社会人チーム「東近江バイオレッツ」が創設3年目で第6回女子軟式野球西日本大会で優勝したこと(11年7月、8開催)

 等々、明るい話題ももたらしてくれました。

 さて、本日、提案申し上げます議案は、予算案件6件、条例案件6件、その他案件21件の合計33件でございます。 

 どうか慎重に御審議をいただきまして、適切な御決定を賜りますようお願いを申し上げまして、開会に当たりましての挨拶とさせていただきます。 どうぞよろしくお願い申し上げます。

お問合せ

東近江市役所 企画部 秘書課
電話: 0748-24-5615  IP電話:050-5801-5615 ファクス: 0748-24-1457
  • 観光情報・小旅行 東近江市を訪れよう
  • 定住移住促進サイト 東近江市で暮らそう
  • 東近江イズム。東近江市を知ろう
  • 東近江市の位置

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る