ページの先頭です
メニューの終端です。

生活困窮者自立支援金のご案内

[2021年7月1日]

ID:13219

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金について

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金の支給

 新型コロナウイルス感染症の影響により生活に困窮する世帯に対して、これまで緊急小口資金の特例貸付などによる支援を行ってきました。問題が長期化する中で、既に総合支援資金の再貸付が終了したなどにより特例貸付を利用できない世帯に対して、就労による自立を図ること、また、それが困難な場合には円滑に生活保護の受給につなげることを目的として、支援金を支給します。

給付内容

 支給期間は原則3ヵ月とします。

給付内容
世帯人数 給付額
単身世帯  60,000円/月
2人世帯  80,000円/月
3人以上世帯 100,000円/月

支給対象者

 下記のいずれにも該当する世帯

  1. 緊急小口資金等の特例貸付を利用できないこと。
  2. 収入要件を満たしていること。
  3. 資産要件を満たしていること。
  4. 求職等の要件を満たしていること(次のいずれかに該当)。
    ・再就職や増収に向けて公共職業安定所に求職の申し込みをし、熱心に求職活動を行う。
    ・就労による自立が困難であるため、生活保護を申請中である。
  5. 世帯の生計を主として維持していること。
  6. 職業訓練受講給付金を受給していないこと。

※詳しくは、別紙「対象者要件」を確認してください。

受給に必要な求職活動要件

 受給に当たっては、以下の活動を継続的に行う必要があります。

 ・月1回以上、自立相談支援機関の面接などの支援を受ける

 ・月2回以上、公共職業安定所で職業相談などを受ける

 ・原則週1回以上、求人先への応募を行うまたは求人先の面接を受ける

上記の活動は、毎月別紙「報告書類一覧」の書類で報告していただきます。これは、受給者の義務となりますので、報告なき場合は、支給が中止となることがあります。


申請に必要なもの

  1. 申請書兼請求書(必要事項をご記入の上ご持参ください。)
  2. 申請時確認書(「申請書類一覧」を使用してください。)
  3. 住民票の写し(世帯全員のもの)
  4. 再貸付終了の確認書(再貸付の借用書(控)または貸付決定通知書)
    ※紛失された場合は、「再貸付不承認・過去借入状況申告書」を提出してください。
  5. 収入関係書類(世帯全員のもの)
    給与明細、預貯金通帳、公的給付など(失業手当、傷病手当、年金など)の支給額がわかる書類
  6. 金融資産関係書類(世帯全員分)
    金融機関の通帳を申請日に合わせて記帳して提出してください。
  7. 求職活動等要件確認書類(ハローワークカード)

※様式は、下の「申請書類一覧」からダウンロードして使用してください。

申請・問合せ先

「申請書類一覧」を確認の上、下記まで申請してください。

※郵送での申請も可能です。到着次第、担当者から連絡があります。

制度の詳細、利用の要件については、下記へ問い合わせてください。

〒527-8527 東近江市八日市緑町10番5号

東近江市役所(本館1階) 健康福祉政策課(福祉相談支援係)

直通電話:0748-24-5512

受付期間:11月30日(火)まで申請延長します。

受付時間:9時00分から17時まで(土曜日・日曜日・祝日を除く。)

受付場所:東近江市役所(本館1階) 健康福祉政策課(福祉相談支援係)窓口

お問合せ

東近江市役所 健康福祉部 健康福祉政策課

電話: 0748-24-5512  IP電話:050-5801-0945

ファクス: 0748-24-5693

お問合せフォーム

組織内ジャンル

健康福祉部健康福祉政策課

  • 観光情報・小旅行 東近江市を訪れよう
  • 定住移住促進サイト 東近江市で暮らそう
  • 東近江イズム。東近江市を知ろう
  • 東近江市の位置

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


生活困窮者自立支援金のご案内への別ルート

ページの先頭へ戻る