ページの先頭です
メニューの終端です。

スマート農業の導入を推進 ~ドローンや無人ヘリを利用した新しい農業~

[2021年9月1日]

ID:13421

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 八日市地域16集落で計画されている国営農地再編整備事業では、事業を契機にスマート農業(※1)の導入を推進することとしています。

 本市では、農業者にスマート農業への理解を深め、普及・拡大につなげようと、スマート農業の実証事業を開始しました。

 今年度は、「ドローンを活用したリモートセンシング(※2)」と「無人ヘリによる可変施肥(※3)」を市内6集落の田んぼ(水稲)で6月から8月にかけて実施しました。

 実証当日は、延べ120人以上の農業者や関係者が、農機具メーカーの担当者から説明を受け、実際にドローンや無人ヘリが飛行する様子を間近で見学されました。

 参加された農業者からは、「ドローンが思ったより小さい」「作物の生育状況が一目で見られて良い」「大区画化したほ場で生育の均一化が図れる」などの声が聞かれました。

 他にも、ドローンの導入に関する質問が出るなど、見学会をきっかけにスマート農業に高い関心を持たれた農業者の姿も見られました。

 スマート農業は日々進歩しており、ドローン以外にもさまざまな技術があります。本市では、今後も実証事業を計画し、普及・拡大に取り組んでいきます。

※1:ロボットや情報通信技術を活用して省力化や高品質生産を可能にする新しい農業
※2:ドローンに搭載した特殊なカメラで撮影し、作物の生育状況を色分けで見える化する技術
※3:リモートセンシングで見える化した生育状況から施肥マップを作成して、無人ヘリに入力し、必要な場所に必要な量の肥料を散布する技術


実証当日の様子

リモートセンシングの説明(野村町)

リモートセンシング用ドローン

可変施肥の説明(建部瓦屋寺町)

可変施肥用無人ヘリ

無人ヘリによる肥料散布

お問合せ

東近江市役所 農林水産部 農村整備課 国営事業推進室
電話: 0748-24-5661 IP電話:050-5801-5661 ファクス: 0748-23-8292
E-mail: kokuei@city.higashiomi.lg.jp

組織内ジャンル

農林水産部農村整備課

  • 観光情報・小旅行 東近江市を訪れよう
  • 定住移住促進サイト 東近江市で暮らそう
  • 東近江イズム。東近江市を知ろう
  • 東近江市の位置

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


スマート農業の導入を推進 ~ドローンや無人ヘリを利用した新しい農業~への別ルート

ページの先頭へ戻る