ページの先頭です
メニューの終端です。

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金

[2022年3月10日]

ID:14305

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金とは

 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するとともに、感染拡大の影響を受けている地域経済や住民生活を支援し地方創生を図るため、地方公共団体が地域の実情に応じてきめ細やかに必要な事業を実施できるよう、「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金(以下、「臨時交付金」という。)が令和2年度に創設されました。

 この臨時交付金は、新型コロナウイルス感染症への対策として、以下のことを目的とした事業であれば、原則として使途に制限はありません。

 1 雇用の維持と事業の継続

 2 経済活動の回復

 3 強靭な経済構造の構築

 4 ポストコロナに向けた経済構造の転換・好循環の実現

 臨時交付金の詳細については、以下のリンク先をご覧ください。
 「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」(内閣府ホームページ)<外部リンク>

 本市では、この臨時交付金を活用して、感染拡大の防止、地域経済や市民生活の支援などの取組を行っています。

実施状況及び効果検証

 臨時交付金を活用して実施した事業について、実施状況および個別事業の検証結果を公表します。

令和2年度東近江市新型コロナウイルス感染症緊急対策の実施状況および個別事業の検証

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る