ページの先頭です
メニューの終端です。

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)定期予防接種の機会を逃した人へ

[2022年5月23日]

ID:14616

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 平成25年から積極的な勧奨の差し控えにより、ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの定期接種の機会を逃した人を対象に、キャッチアップ接種(従来の定期接種の対象年齢を超えて接種を行うこと)を実施します。

ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンの予防接種について

  ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン定期予防接種は、厚生労働省の勧告に基づき、積極的な勧奨を差し控えていましたが、同省から積極的な勧奨を再開する旨の通知がありました。(厚生労働省通知)(別ウインドウで開く)

 

 接種を検討または希望される場合には、同省が作成した次のリーフレットを確認してください。

HPVワクチンの接種を逃した方に接種の機会をご提供します(別ウインドウで開く)

 ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン定期予防接種は、全3回の接種が完了するまで通常6カ月程度かかります。体調不良や医療機関の休診などでスケジュールどおりに接種できない場合もあるため、接種を希望される人は早めに接種を開始してください。

 また、定期予防接種期間内に接種が完了するよう接種スケジュールについては、医療機関に相談してください。

HPVワクチンとは?

  HPVワクチンは、子宮頸がんの予防接種で用いられます。

 子宮頸がんのほとんどは、HPV(ヒトパピローマウイルス)というウイルス感染が原因です。性交渉などによってHPVが子宮の入り口に近い部分(子宮頸部)に感染します。

 「HPVワクチン」によって、「HPV」の感染を予防することで、子宮頸がんを予防することができます。

接種対象者

 接種当日時点で本市に住民登録がある平成9年4月2日~平成18年4月1日の間に生まれた女子で、3回の接種が完了していない人

接種期間

  • 令和4年4月1日から令和7年3月31日までの3年間

接種回数

 全3回(接種間隔については、以下にHPVワクチン接種スケジュール(ワクチンの種類別)およびHPVワクチン接種スケジュールの例を参照してください。

 ※ワクチンの種類により接種間隔が異なります。

費用

 無料(全額公費負担)

 ※定期予防接種期間外の接種は、全額自己負担となります。

その他

お問合せ

東近江市役所 健康福祉部 健康推進課 (本館1階)

電話: 0748-24-5646  IP電話:050-5801-5646

ファクス: 0748-24-1052

お問合せフォーム

  • 観光情報・小旅行 東近江市を訪れよう
  • 定住移住促進サイト 東近江市で暮らそう
  • 東近江イズム。東近江市を知ろう
  • 東近江市の位置

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん)定期予防接種の機会を逃した人へへの別ルート

ページの先頭へ戻る