ページの先頭です
メニューの終端です。
FAQ

地価の下落によって土地の評価額が下がっているのに、税額が上がるのはなぜですか

[2014年11月13日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

地価の下落によって土地の評価額が下がっているのに、税額が上がるのはなぜですか

回答

地域や土地によって評価額に対する税負担に格差がある(例えば同じ評価額の土地があっても実際の税額が異なる)のは税負担の公平の観点から問題があることから、負担水準(評価額に対する前年度課税標準額の割合)の均衡化を重視することを基本的な考え方とした調整措置が講じられています。

具体的には、負担水準が高い土地は税負担を引き下げたり、据え置いたりする一方、負担水準が低い土地はなだらかに税負担を引き上げていく仕組みとなっています。

したがって、税額が上がっているのは、負担水準が低いため課税標準額が前年度より引き上げとなったためです。

お問合せ

東近江市役所税務部資産税課

電話: 0748-24-5605、0748-24-5637 IP電話:050-5801-5605、050-5801-5637

ファックス: 0748-24-5577

お問合せフォーム

組織内ジャンル

税務部資産税課

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る