ページの先頭です
メニューの終端です。

近江だるま保存会の皆さん

[2019年3月29日]

ID:10229

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 郷土玩具として広く伝えたい  

近江だるま保存会の皆さん

    東近江市に伝わる張り子の郷土玩具、近江だるま。少しとぼけたような表情の男だるま、への字形の細い眼と小さな口が特徴の女だるまや姫だるまなど、愛くるしくさまざまな表情を見せてくれます。

前に女だるま、姫だるま、男だるま後ろにさまざまなだるまが並ぶ

 近江だるまの制作方法は、まず、木型に細くちぎった和紙を張り重ね、そして乾かしたあと、和紙に切れ目を入れて型から外し、だるまの底へ重しとなるよう田んぼの土をつけます。出来上がっただるまにさらに和紙を張り重ね、起き上がり小法師(こぼし)にします。そこに特徴ある顔を描き最後に全体を彩色し仕上げます。
 旧能登川町佐野で大正時代初期に画商の寺井大門さんが、近江だるまの制作を始め、当時、縁起物としても親しまれていたそうです。その後、大門さんの息子、清二さんが近江だるまの制作を引き継がれましたが、事故によりだるまが作れなくなり、一時廃絶していました。
 そのような中、地元有志が郷土玩具として魅力ある近江だるまを未来へ継承しようと、平成9年に近江だるま保存会を発足し活動を始めました。

保存会のメンバーが小学生にだるまの作り方を教える

毎年、能登川南小学校6年生を対象に行っているだるまづくり

だるまに顔を描く小学生

  現在、6人の保存会員が近江だるまづくりの活動をされています。最近では近江だるまを守り伝えていくために、作り方も、田んぼの土を粘土に変え、工程を減らし、少しでも制作しやすいように工夫をしています。現在は、飾り物として注文も寄せられています。また、地元能登川南小学校で、平成12年から6年生の総合学習に近江だるまづくりが組み込まれたことにより、保存会では、各クラス1カ月程度かけて作り方を教え、子どもたちに近江だるまの魅力を伝えています。

近江だるまを前にならべ笑顔で写る保存会みなさん
 「私たち保存会のメンバーはもともと年配者が多く、これからも郷土玩具として愛されてきた近江だるまを守り伝えていくためにもフレッシュなメンバーを増やしたいと考えています。また、能登川南小学校以外の子どもたちにも、近江だるまにふれる機会を持ってもらいたいと思っています。これからも展示会や作り方の講習会などを通して、少しでも多くの人に近江だるまを知ってもらえれば」と保存会代表の谷村昭仁さんは話します。保存会の皆さんは、楽しみながら近江だるまづくりに取り組み、息の長い活動を続けます。

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?

お問合せ

東近江市役所 企画部 広報課

電話: 0748-24-5611  IP電話:050-5801-5611

ファクス: 0748-24-1457

お問合せフォーム


近江だるま保存会の皆さんへの別ルート