ページの先頭です
メニューの終端です。

東近江市子ども読書活動推進計画

[2019年2月5日]

ID:9498

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

本でうるおう人づくりプラン

子どもと本を確かにつなぐ学校・園づくり

1 本と人がいっぱいの学校図書館

 学校は、魅力のある本がたくさんあり、子どもと本をつなぐ人がいる学校図書館を経営します。

魅力のある蔵書

 子どもの多様な要求や各教科書などの調べ学習の内容に応える蔵書を計画的に進めます。また、各佼でコンピュータによる蔵書のデータベース化を図ります。

本の専門家がいる学校図書館

 子どもと本をつなぐ専門の司書の派遣を計画的に進め、先生や学校支援ボランティアなどと連携をとり、学校図書館の運営や読書活動を助けます。また、保護者や学校支援ボランティアなどが、子どもたちのために活動できるよう学校図書館経営を工夫します。

2 本は友だち、心の栄養

 学校は、読書活動を充実させ、本を読むことのよさを知り、自ら本を選んで友だちのように親しみ心の栄養をとる子どもを育てます。
 いつも手元に読みかけの本をもっている子どもの姿や、目的に応じて自ら本を選び、役立てる子どもの姿を目指し、生涯にわたる読書習慣の素地を養います。

3 本がいっぱい人がいっぱい

 保育園・幼稚園は、本を通して、人がつながる読書活動を進めます。

先生と本と笑顔の子ども

 園の先生が、絵本で、子どもの笑顔や豊かな心を引き出すような「おはなし」をする機会をより充実します。

本でつながる人がいっぱい

 PTA活動や自主的なサークルを通して、園と家庭がつながり合い、共に学びながら子どもの読書活動を進めるように努めます。

4 公立図書館とつながる学校・園づくり

 先生と公立図書館司書は、直に顔を合わせた連携を進めます。
 学校や園の先生が、公立図書館の司書の専門的な知識や経験を支えに、読書活動や学校図書館、園の図書コーナーなどの運営を工夫改善できるように連携を強化します。
 ※これらを進めるために、読書活動推進モデル佼を指定し、その実践が各佼園に広がるようにします。

本のある家庭づくり まちづくり

1 家庭・地域とつながる公立図書館

 公立図書館は、本とともに子どもと大人が育つまちづくりをめざし、家庭や学校・園、地域を支援します。

本でうるおう家庭

 家庭は、子どもが読書に親しみ、生涯にわたる読書習慣をつけるために大切な役割を担っています。子どもは、絵本と親の語りで過ごすひとときや家族の読書習慣で、自然に読書のよさを知ります。公立図書館や学校・園は子どもも大人も読書を通して育ち合う家庭を支援します。

子どもの居場所としての公立図書館

 公立図書館は、子ども読書活動推進の中心的な役割を担い、次のような温かい居場所づくりを進めます。
 子どもの読みたい、知りたい、という気持ちが高まる蔵書と環境整備を進めます。子どもと本の架け橋になる子ども担当司書がその専門性を生かします。さまざまなイベントを開催し子どもの夢を育みます。学校・園や地域との連携を進め、先生やボランティアを支援します。

2 地域ではぐくむ読書活動

 公立図書館は、地域と連携しながら、本で子どもを育てるまちづくりを進めます。

子どもの集まるところに本があるまち

 子どもやその親が過ごす所に質の良い本があるまちづくりができるように、公共施設や地域教育協議会、民間団体、企業などに働きかけ文庫活動を進めます。

本で子どもをはぐくむ人のいるまち

 ボランティア活動を支援するために連絡協議会を設置します。ボランティアの皆さんのニーズを把握し、互いの交流や学び合い、園・学校、各施設などとの連携など、より充実した活動ができるように支援します。

お問合せ

八日市図書館

電話: 0748-24-1515  IP電話:050-5801-1515

ファクス: 0748-24-1323

お問合せフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


東近江市子ども読書活動推進計画への別ルート

Copyright © library-higashiomi-shiga.jp All Rights Reserved