○東近江市人間ドック・脳ドック健診助成要綱

平成17年2月11日

告示第111号

(趣旨)

第1条 市長は、東近江市国民健康保険被保険者等(以下「被保険者」という。)が主に生活習慣病の早期発見を目的として人間ドックの健診を受けたとき、又は脳血管障害や脳疾患の早期発見を目的として脳ドックの健診を受けたときは、予算の範囲内で当該健診費用の一部を助成するものとし、この告示は、当該助成に関して必要な事項を定めるものとする。

(助成対象者)

第2条 助成を受けることができる者は、次の各号のいずれにも該当する者とする。

(1) 本市に3月以上住所を有する被保険者

(2) 年齢が19歳以上75歳未満である者

(3) 国民健康保険料を滞納していない世帯に属する者

(4) 人間ドック健診助成にあっては、当該年度に東近江市国民健康保険による特定健康診査を受診していない者及び治療中患者情報の提供票を提出していない者

(助成対象費用)

第3条 人間ドック又は脳ドック健診の助成対象になる費用は、保険適用外の人間ドック健診又は脳ドック健診に係る費用とする。

(助成の額)

第4条 助成の額は、人間ドック又は脳ドックの健診に要した費用の5割とする。ただし、100円未満は切り捨てとする。

2 助成の額は、2万円を限度とする。

3 助成は、人間ドック又は脳ドックのいずれか一つの健診とし、1人につき1年度1回とする。ただし、同一健診機関で人間ドック及び脳ドックを組み合わせて健診を受けた場合は、一つの健診とみなす。

(助成の申請)

第5条 助成を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、当該年度の4月1日から12月28日までの間に人間ドック・脳ドック健診助成申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の申請を受け付けた者に対しては、人間ドック・脳ドック健診助成事業受診票(様式第2号)を交付する。

3 申請者は、人間ドック・脳ドックの健診を受けたときは、人間ドック・脳ドック健診助成金交付申請書(様式第3号)に領収書(写しを含む。)、受診票及び健診結果票(写しを含む。)を添えて市長に提出しなければならない。

4 前項の規定にかかわらず、市長が別に定める健診機関において人間ドック又は脳ドックの健診を受けた者は、当該健診機関への人間ドック又は脳ドックの受診申込みをもって前項の申請書の提出があったものとみなす。

(助成の決定)

第6条 市長は、前条の申請を受理したときは、その内容を審査し、助成するものとする。

(助成の方法)

第7条 助成は、次に掲げるところにより行うものとする。

(1) 第5条第3項の申請者にあっては、助成額を当該申請者に支払うものとする。

(2) 第5条第4項の申請者にあっては、助成額を当該申請者が人間ドック又は脳ドックの健診を受けた健診機関に支払うものとする。

(助成の返還)

第8条 市長は、偽りその他不正な手段により助成を受けたものがあるときは、その者から助成を受けた額に相当する額の全部又は一部を返還させることができる。

(その他)

第9条 この告示の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成17年2月11日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の八日市市人間ドック・脳ドック検診助成要綱(平成10年八日市市告示第11号)、五個荘町人間ドック補助金交付要綱(平成6年五個荘町要綱第7号)又は愛東町国民健康保険脳ドック等補助金交付要綱(平成13年愛東町告示第48号)(以下これらを「合併前の告示等」という。)の規定によりなされた手続その他の行為は、それぞれこの告示の相当規定によりなされたものとみなす。

3 この告示は、平成17年度以降の申請に係る助成について適用し、平成16年度の申請に係る助成については、なお合併前の告示等の例による。

(能登川町との合併に伴う経過措置)

4 能登川町との合併の日前に、合併前の能登川町国民健康保険人間ドック検診実施要綱(平成8年能登川町告示第77号)又は能登川町国民健康保険人間ドック節目検診実施要綱(平成12年能登川町告示第88号)の規定によりなされた手続その他の行為は、それぞれこの告示の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成17年告示第450号)

この告示は、平成18年1月1日から施行する。

附 則(平成18年告示第81号)

この告示は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成20年告示第133号)

(施行期日)

1 この告示は、平成20年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示による改正後の東近江市人間ドック・脳ドック検診助成要綱の規定は、平成20年4月1日以後に受診する人間ドック又は脳ドックに対する助成について適用し、同日前に受診した人間ドック又は脳ドックに対する助成については、なお従前の例による。

附 則(平成21年告示第67号)

(施行期日)

1 この告示は、平成21年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示による改正後の第2条の規定は、平成21年4月1日以後に受診する人間ドック又は脳ドックに対する助成について適用し、同日前に受診した人間ドック又は脳ドックに対する助成については、なお従前の例による。

附 則(平成22年告示第120号)

(施行期日)

1 この告示は、平成22年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示による改正後の第4条及び別記様式の規定は、平成22年4月1日以後に受診する人間ドック又は脳ドックに対する助成について適用し、同日前に受診した人間ドック又は脳ドックに対する助成については、なお従前の例による。

附 則(平成23年告示第103号)

(施行期日)

1 この告示は、平成23年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示による改正後の東近江市人間ドック・脳ドック健診助成要綱の規定は、平成23年4月1日以後に受診する人間ドック又は脳ドックに対する助成について適用し、同日前に受診した人間ドック又は脳ドックに対する助成については、なお従前の例による。

附 則(平成25年告示第164号)

この告示は、平成25年4月1日から施行する。

画像

画像

画像画像

東近江市人間ドック・脳ドック健診助成要綱

平成17年2月11日 告示第111号

(平成25年4月1日施行)