○東近江市自主防災組織育成事業補助金交付要綱

平成26年4月1日

告示第249号

(趣旨)

第1条 この告示は、住民が安全なまちづくりを推進するために必要な事業に対し、東近江市補助金等交付規則(平成17年東近江市規則第54号)に規定するもののほか、予算の範囲内において交付する補助金に関し必要な事項を定めるものとする。

(補助金の種類等)

第2条 補助金の種類は、次に掲げるとおりとし、補助金額等については別表に定めるとおりとする。

(1) 安全なまちづくり自主活動補助金

(2) 自主防災活動補助金

(3) 防災用資機材購入補助金

(4) 可搬式消防ポンプ購入補助金

(補助対象者)

第3条 補助金の交付対象となる者は、次に掲げるとおりとする。

(1) 前条第1号の事業 防災、防犯活動を行っている自治会

(2) 前条第2号の事業 規約を定め防災計画を策定し、継続的に活動を行っている自主防災組織若しくは自治会又は自主防災組織の設立準備をしている自治会

(3) 前条第3号及び第4号の事業 規約を定め防災計画を策定し、継続的に活動を行っている自主防災組織又は自治会。ただし、過去に当該補助を受けていない自主防災組織又は自治会に限る。

(補助金の交付)

第4条 補助金の交付を受けようとする者は、次に掲げる書類を市長に提出しなければならない。

(1) 第2条第1号の事業 自主防災組織育成事業(安全なまちづくり自主活動)補助金交付申請書兼請求書(様式第1号)

(2) 第2条第2号の事業 自主防災組織育成事業(自主防災活動)補助金交付申請書兼請求書(様式第2号)

(3) 第2条第3号の事業 自主防災組織育成事業(防災用資機材購入)補助金交付申請書(様式第3号)及び自主防災組織育成事業(防災用資機材購入)補助金交付請求書(様式第4号)

(4) 第2条第4号の事業 自主防災組織育成事業(可搬式消防ポンプ購入)補助金交付申請書(様式第5号)及び自主防災組織育成事業(可搬式消防ポンプ購入)補助金交付請求書(様式第6号)

(5) その他市長が必要と認める書類

(備品等の管理)

第5条 補助金の交付を受けた者は、当該補助に係る備品等の適正な管理に努めなければならない。

(交付手続の特例)

第6条 規則第26条の規定に基づき、実績報告及び補助金の額の確定手続を省略することができる。

(その他)

第7条 この告示の施行に関し、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成26年4月1日から施行する。

(東近江市安全なまちづくり自主活動団体補助金交付要綱及び東近江市消防防災設備等補助金交付要綱の廃止)

2 次に掲げる告示は、廃止する。

(1) 東近江市安全なまちづくり自主活動団体補助金交付要綱

(2) 東近江市消防防災設備等補助金交付要綱

(検討)

3 市長は、平成26年度以後少なくとも3年度ごとに、この告示の施行の状況について検討を加え、その結果に基づいて必要な措置を講ずるものとする。

別表(第2条関係)

(1) 安全なまちづくり自主活動補助金

補助対象備品等

補助金額

防災、防犯活動に要する経費

ア 啓発活動に要する経費

啓発用チラシ、パンフレット等の印刷、啓発資料の購入、防災マップ作成、一時集合場所表示板の作成等

イ 防災訓練、研修等に要する経費

講演会講師謝礼

図上訓練用消耗品購入費等

ウ 活動に要する資機材の購入経費

法被等組織の被服、ヘルメット、長靴、誘導棒、ヘッドライト等

(食糧費を除く。)

補助対象経費の2分の1。ただし、千円未満は切り捨てる。補助対象経費の上限額は6万円とする。

(2) 自主防災活動補助金

補助対象備品等

補助金額

自主防災活動に要する経費

ア 啓発活動に要する経費

啓発用チラシ、パンフレット等の印刷、啓発資料の購入、防災マップ作成、一時集合場所表示板の作成等

イ 防災訓練、研修等に要する経費

講演会講師謝礼

図上訓練用消耗品購入費等

ウ 活動に要する資機材の購入経費

法被等組織の被服、ヘルメット、長靴、誘導棒、ヘッドライト等

(食糧費を除く。)

補助対象経費の2分の1。ただし、千円未満は切り捨てる。補助対象経費の上限額は10万円とする。

(3) 防災用資機材購入補助金

補助対象備品等

補助金額

自主防災活動に使用する資機材

携帯無線機、発電機、投光機、可搬式ウインチ、チェンソー、エンジンカッター、油圧式ジャッキ、炊飯装置等

補助金の額は15万円とする。ただし、補助対象経費は30万円以上とする。

(4) 可搬式消防ポンプ購入補助金

補助対象備品等

補助金額

ア 可搬式消防ポンプ(動力消防ポンプの技術上の規格を定める省令(昭和61年自治省令第24号)に規定するC―1級以上の性能を有し、かつ、日本消防検定協会が行う試験に合格した製品)

イ ポンプ用資機材(吸水管、ロープ、バンド、ストレーナー、塵除け籠、枕木、管鎗、噴射ノズル、ホース、台車、消火栓バルブ開閉キー、消火栓用媒介金具、中継金具、分岐金具、とび口、剣先スコップ、サーチライト、充電器、工具セット)

(イのみの購入を除く。)

1式につき購入価格の3分の2以内とする。ただし、千円未満は切り捨てる。補助対象経費の上限額は150万円とする。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

東近江市自主防災組織育成事業補助金交付要綱

平成26年4月1日 告示第249号

(平成26年4月1日施行)