ページの先頭です
メニューの終端です。
FAQ

戸籍の附票を取り寄せたいのですが、いつ頃からの住所が記載されているのでしょうか。

[2020年12月18日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

戸籍の附票を取り寄せたいのですが、いつ頃からの住所が記載されているのでしょうか。

回答

 戸籍の附票とは、戸籍を編製してからの住民票の異動履歴を記した証明です。戸籍の改製に合わせて戸籍の附票も改製(作り替え)されています。
 戸籍の附票には、戸籍が改製された時点でその戸籍に在籍していた人の、その時点からの住所の履歴が記載されています。
 それ以前の住所の履歴については、改製原戸籍の附票に記載されています。ただし、保存年限などにより必要な住所の証明ができない場合もあります。
 平成の改製日前後の住所の証明が必要な場合は、2通の証明(戸籍附票、改製原附票)を請求してください。また、例えば婚姻などにより戸籍の変動があり、その前後の住所の履歴が必要なときは、婚姻前の戸籍附票、婚姻後の戸籍附票(場合によっては改製原附票も)を請求してください。
 附票を請求する場合には、必ず証明が必要な住所(現住所の証明ができればよいのか、どこからどこまでの住所の履歴が必要なのか)を請求書に記入してください。附票が複数になりそうな場合は、手数料をその分多めにお送りください。

お問合せ

東近江市役所市民環境部市民課 (新館1階)

電話: 0748-24-5630  IP電話:050-5801-5630

ファクス: 0748-23-6600

お問合せフォーム

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る