熱中症対策としてeオアシス(一時休憩所)を開設します

熱中症にご注意ください!

 昨年は暑い日が続き、猛暑による熱中症等の健康被害が数多く報告されています。報告の約半数が高齢者であり、死亡に至る重症事例も発生している状況です。熱中症について正しい知識を持ち、体調の変化に気をつけることで熱中症を予防しましょう。特に高齢者・子どもなどに対しては、周囲の声かけや配慮が必要です。


熱中症対策として一時休憩所(eオアシス)をご利用いただけます

 ※ご利用時間  各施設の業務時間内

 ※ご利用期間  7月1日(金)から9月30日(金)まで


1 熱中症とは?

2 熱中症を予防するには

暑さを避ける 炎天下での作業を極力控え、外出時は風通しの良い服装で、帽子や日傘等を用いましょう。また、熱中症は室内でも要注意です。エアコンを適切に使用しましょう。寝ている間も注意が必要です。

こまめな水分補給 喉の渇きを感じる前に水分補給をするよう心掛けましょう。カフェインを多く含むコーヒーや緑茶、アルコール類は利尿作用があるため水分補給には適しません。水分と共にミネラル分も補給できる

体調管理 バランスの摂れた食事を心掛け、十分な睡眠をとりましょう。


3 熱中症が疑われたら

熱中症の症状・・・めまい、失神、筋肉痛、手足のしびれ、気分の不快、頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、意識障害、けいれん、手足の運動障害、高体温


現場での応急処置涼しい場所への移動冷却・・・衣類を緩めて楽にさせる。水をかける、風を送るなどして体を冷ます。水分・塩分の補給・・・スポーツドリンクや経口補水液、食塩水を飲ませる医療機関へ運ぶ・・・自力での水分補給ができない、意識がはっきりしない場合は急いで医療機関へ搬送する。




お問い合わせ
東近江市役所 ・健康福祉部・健康推進課 (本館1階)
電話:0748-24-5646  IP電話:050-5801-5646
FAX:0748-24-1052

[トップ]
[東近江市役所]