○東近江市情報公開審査会運営要綱

平成17年2月11日

告示第6号

(趣旨)

第1条 この告示は、東近江市情報公開審査会規則(平成17年東近江市規則第12号)第5条の規定に基づき、東近江市情報公開審査会(以下「審査会」という。)の運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(行政文書の公開をしない旨の決定をした行政文書による審議の原則)

第2条 審査会における審議は、東近江市情報公開条例(平成17年東近江市条例第10号。以下「条例」という。)第11条第2項の規定により、実施機関が行政文書の公開をしない旨の決定をした行政文書(部分公開をすることに決定した行政文書を含む。)について行うものとする。

(権限)

第3条 審査会は、必要があると認めるときは、条例第18条の規定により諮問した実施機関(以下「諮問した実施機関」という。)に対し、不服申立てのあった条例第10条の拒否、条例第11条第1項の決定及び同条第2項の拒否に係る行政文書の提示を求めることができる。この場合において、何人も、審査会に対し、その提示された行政文書の公開の請求をすることができない。

(理由説明書)

第4条 審査会は、条例第18条の規定により実施機関から諮問を受けたときは、当該実施機関に対して、相当の期間を定めて、行政文書の公開をしない旨の決定をした理由(部分公開をすることに決定した理由を含む。)を記載した書面(様式第1号。以下「理由説明書」という。)の提出を求めるものとする。

2 審査会は、前項の理由説明書が提出されたときは、不服申立人にその写しを送付するものとする。

(意見の陳述等)

第5条 審査会は、条例第22条第4項の規定による場合のほか、不服申立人、実施機関の職員その他関係者(以下「不服申立人等」という。)から申出があったときは、当該不服申立人等に、口頭で意見を述べる機会を与え、又は意見書若しくは資料の提出を認めることができる。

(補佐人)

第6条 審査会は、不服申立人等が、前条又は条例第22条第4項の規定による口頭での意見若しくは説明を述べるにあたって、補佐人付添申請書(様式第2号)により不服申立人等の補佐人の付添いを認めることができる。

(意見等の陳述者の数)

第7条 第5条又は条例第22条第4項の規定により、口頭での意見若しくは説明を述べる者の数は、補佐人を含めて5人以内とする。

(提出資料の閲覧等)

第8条 不服申立人及び補佐人は、諮問した実施機関に対し、第5条の規定により審査会に提出された意見書又は資料の閲覧若しくは写しの交付を請求することができる。この場合において、諮問した実施機関は、第三者の利益を害するおそれがあると認められるとき、その他正当な理由があるときでなければ、その閲覧若しくは写しの交付の請求を拒むことはできない。

2 諮問した実施機関は、前項の規定による閲覧又は写しの交付について、その日時及び場所を指定することができる。

(会議の非公開)

第9条 審査会の会議は、非公開とする。ただし、条例第21条第6項の規定による建議等のための会議で、審査会が特に必要と認めたときは、この限りでない。

(議事録等)

第10条 審査会の議事録は、議事の概要を記した要点筆記とする。

2 議事録は、会長が署名して確定する。

3 議事録は、会議を公開とした場合にあっては公開とし、会議を非公開とした場合にあっては非公開とする。ただし、会議を非公開とした場合にあっても、審議会が特に必要があると認める議事録の部分は、この限りでない。

4 不服申立てに係る答申は、公開とする。ただし、審査会が特に必要と認める部分は、非公開とすることができる。

(その他)

第11条 この告示に定めるもののほか、審査会の審議に関し必要な事項は、会長が審査会に諮って定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成17年2月11日から施行する。

(経過措置)

2 この訓令の施行の日の前日までに、合併前の八日市市情報公開審査会運営要綱(平成11年八日市市告示第86号)又は永源寺町情報公開審査会運営要領(平成14年永源寺町告示第8号)の規定によりなされた手続その他の行為は、それぞれこの告示の相当規定によりなされたものとみなす。

画像

画像

東近江市情報公開審査会運営要綱

平成17年2月11日 告示第6号

(平成17年2月11日施行)