ページの先頭です
メニューの終端です。

所得の種類と計算のしかた(農業所得などの計算のしかた)

[2016年3月1日]

ID:462

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

所得の種類と計算のしかた

◆収入と所得の違い

 収入とは、前年中に受け取った合計金額をいいます。これに対して、所得とは収入から収入を得るために支払った費用を必要経費として差し引いた後の金額をいいます。

 例えば、事業を営んでいる人の場合、前年中の売り上げを収入といい、その収入から仕入れなどに使ったお金(必要経費)を差し引いた残りの額が所得となります。

 一方、給与や年金には、額面の総支給額を収入とするのに対し、明確な必要経費の概念はありませんが、一定の割合で経費に変わる金額を差し引いて所得を求めることになります。

◆所得の種類と計算方法

(1)事業所得

 事業所得は、その業態を大きく分けて「営業等」と「農業」の2つに区分されます。
事業所得の種類
営業等医師、弁護士、外交員、小売業、卸売業、製造業、金融業、運送業、建設業、サービス業など
農業米・麦などの栽培、まゆなどの生産、家畜の肥育、酪農品の生産など

 ◆事業所得の金額は、次の算式によって計算します。

  【総収入金額】-【必要経費】=【事業所得の金額】

 ※収入や経費などを入力することによって、収支内訳書(農業所得用)が作成できる「農業収支計算ソフト」をご活用ください。
 (収支内訳書は農業収支計算ソフトで作成できますが、前年と同様に月別で集計される人は、「月別計算表」をご活用ください)

  ○申告に関する減価償却費の計算方法が変わります(別ページへリンク)
  
  ○農業収支計算ソフト(別ページへリンク)

○月別計算表【Excel形式】

 

 

(2)不動産所得

 土地や建物などの不動産、地上権などの不動産に設定されている権利の貸付による所得をいいます。

 ◆不動産所得の金額は、次の算式によって計算します。

 【総収入金額】-【必要経費】=【不動産所得の金額】

 

(3)利子所得

 預貯金や公社債の利子、合同運用信託、公社債投資信託、公募公社債等運用投資信託の収益の分配にかかる所得をいいます。
 利子所得は、原則として支払いを受ける際、利子所得の金額に20%の税率(国15%、地方5%)による源泉分離課税となっていますので申告することはできません。
 また、これらの利子所得は合計所得金額に含まれません。

 ◆利子所得の金額は、次の算式によって計算します。

 【総収入金額】=【利子所得の金額】

 

(4)配当所得

 株主や出資者が法人から受ける配当や公社債投資信託および公募公社債等運用投資信託以外の投資信託および特定目的信託の収益の分配などに係る所得をいいます。

 ◆配当所得の金額は、次の算式によって計算します。

 【収入金額(源泉徴収される前の金額)】-【借入金の利子】=【配当所得の金額】

 ※借入金の利子は、株式などを取得するために借り入れた資金の利子

 

 

(5)給与所得

 勤務先から受ける給料、賃金、賞与などの所得をいいます。

 ◆給与所得の金額は、次の算式によって計算します。

 【給与収入額】-【給与所得控除額】=【給与所得の金額】

 ※実際は、収入金額を以下の算式に照らして求めてください。

給与収入から給与所得を求める算式 一覧
給与の収入額給与所得の金額
                      ~    650,999円0円
 651,000円 ~ 1,618,999円収入金額-650,000円
1,619,000円 ~ 1,619,999円969,000円
1,620,000円 ~ 1,621,999円970,000円
1,622,000円 ~ 1,623,999円972,000円
1,624,000円 ~ 1,627,999円974,000円
1,628,000円 ~ 1,799,999円収入金額÷4=A
(千円未満の端数切捨て)
A×2.4
1,800,000円 ~ 3,599,999円A×2.8-180,000円
3,600,000円 ~ 6,599,999円A×3.2-540,000円
6,600,000円 ~ 9,999,999円収入金額×0.9-1,200,000円
10,000,000円 ~ 11,999,999円収入金額×0.95-1,700,000円
       12,000,000円 ~                        収入金額-2,300,000円
  この「給与所得の金額」を「給与所得控除後の額」といいます。

 

 

(6)一時所得

 生命保険の一時金や満期返戻金、懸賞の賞金、競輪・競馬等の払戻金などをいいます。

 ◆一時所得は次の算式から計算します。

 【総収入額】-【その収入を得るための支出額】-【特別控除額(50万円)】=【一時所得の金額】


 ※総所得金額を計算するときは、一時所得の金額は、その2分の1に相当する金額となります。

 

 

(7)退職所得

 退職金や一時恩給など退職に際して受け取る所得をいいます。

 ◆退職所得は次の算式から計算します。
 (【退職手当等収入額】-【退職所得控除額】)×1/2
                  =【退職所得の金額】[千円未満切捨て]
 
 退職所得とその税額計算についてはこちら
 「退職金にかかる市県民税について」(平成25年1月1日以降適用分)のページへ

 

(8)山林所得

 山林の伐採による所得または山林の譲渡による所得のことをいいます。
 しかし、山林を取得した日から5年以内に伐採または譲渡したことによる所得は、事業所得または雑所得とされます。

 ◆山林所得は次の算式から計算します。

 【総収入金額】-【必要経費】-【特別控除額(50万円)】=【山林所得の金額】

 

(9)譲渡所得

 資産の譲渡によって生じる所得をいいます。

 ◆譲渡所得は次の算式から計算します。

 【総収入金額】-【取得費および譲渡費用】-【特別控除額(50万円)】=【譲渡所得の金額】

 土地や建物の譲渡または株式の譲渡所得とその税額計算についてはこちら 「分離課税所得について(土地や建物、株式などの譲渡)」ページへ


 

(10)雑所得

(1)から(9)までの所得以外の所得をいい、例として公的年金、シルバー人材センターからの配分金などがあります。
 雑所得の算式は、公的年金に係る所得とそれ以外の雑所得の計算とは異なり、別々に計算した所得を合計したものが雑所得となります。

 ◆公的年金に係る雑所得の計算式

 【公的年金収入額】-【公的年金所得控除額】=【公的年金にかかる雑所得の金額】

※実際は、収入金額を以下の算式に照らして求めてください。

 

◆収入から公的年金にかかる雑所得を求める算式
 年金収入額(A)所得金額
65歳未満0円~1,300,000円(A)  -  700,000円
1,300,001円~4,100,000円(A)×75%-375,000円
4,100,001円~7,700,000円(A)×85%-785,000円
7,700,001円以上 (A)×95%-1,555,000円
65歳以上0円~3,300,000円   (A)  -  1,200,000円
3,300,001円~4,100,000円   (A)×75%-375,000円
4,100,001円~7,700,000円   (A)×85%-785,000円
7,700,001円以上   (A)×95%-1,555,000円

 ◆公的年金以外の雑所得の算式

 【総収入額】-【必要経費】=【公的年金以外の雑所得の金額】

 ◆雑所得の合計

 【公的年金にかかる雑所得の金額】+【公的年金以外の雑所得の金額】=【雑所得の金額】

 

お問合せ

東近江市役所税務部市民税課

電話: 0748-24-5604  IP電話:050-5801-5604

ファックス: 0748-24-5577

お問合せフォーム

  • Higashiomi Journey 東近江市を知ろう
  • 観光情報・小旅行 東近江市を訪れよう
  • 定住移住促進サイト 東近江市で暮らそう
  • 東近江市の位置

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


所得の種類と計算のしかた(農業所得などの計算のしかた)への別ルート

ページの先頭へ戻る