○東近江市立八日市文化芸術会館条例施行規則

平成18年3月31日

教育委員会規則第6号

第2条 削除

(分掌事務)

第3条 文化芸術会館の分掌事務は、次に掲げるとおりとする。

(1) 文化芸術会館の事業計画及び実施に関すること。

(2) 文化芸術会館の施設、設備及び備品の維持管理に関すること。

(3) ホール、展示室、会議室等の施設の利用許可及び使用料に関すること。

(4) 公印の管守に関すること。

(5) 文化芸術会館の庶務に関すること。

(6) その他文化芸術会館の管理運営に関すること。

(利用の許可)

第4条 文化芸術会館を利用しようとする者は、利用許可申請書(様式第1号)を教育委員会に提出し、その許可を受けなければならない。

2 前項の利用許可申請書は、次に掲げる施設の区分に応じ、当該各号に定める期間内に提出しなければならない。ただし、教育委員会が特別の理由があると認めたときは、この限りでない。

(1) ホール(ホールの使用に併せて練習室、会議室等の施設を利用しようとする場合を含む。) 利用しようとする日(引き続き2日以上利用しようとする場合は、その最初の日をいう。以下「利用日」という。)の1年前の日の属する月の初日から利用日の10日前まで

(2) 展示室 利用日の6箇月前の日の属する月の初日から利用日の10日前まで

(3) 和室、練習室及び会議室 利用日の3箇月前の日の属する月の初日から利用日の10日前まで

3 前項各号に規定する期間の初日又は最終日が休館日に当たるときは、翌日以後の最初の開館日をその初日又は最終日とする。

4 教育委員会は、第1項の許可をしたときは、利用許可書(様式第2号)を申請者に交付するものとする。

5 前項の利用許可書の交付を受けた者(以下「利用者」という。)は、文化芸術会館を利用する際に当該利用許可書を提示しなければならない。

(特別の設備の設置等)

第5条 文化芸術会館の利用に際し、特別の設備を設置し、又は備え付け以外の器具等を利用し、若しくは設備に変更を加えようとする者は、その内容を記載した仕様書を前条第1項の利用許可申請書に添えて提出し、あらかじめ教育委員会の許可を受けなければならない。

2 教育委員会は、前項の仕様書の内容を審査し、適当と認めたときは、その旨を前条第4項の利用許可書に記載するものとする。

3 特別の設備の設置等に係る費用は、すべて利用者の負担とする。

(利用内容の変更)

第6条 利用者は、許可を受けた利用内容を変更しようとするときは、利用内容変更許可申請書(様式第3号)を教育委員会に提出し、その許可を受けなければならない。

2 教育委員会は、前項の許可をしたときは、利用内容変更許可書(様式第4号)を利用者に交付するものとする。この場合において、使用料に不足が生じるときは、利用者は、当該利用内容変更許可書の交付と同時に当該不足額を納付するものとする。

(利用の取下げ)

第7条 利用者は、文化芸術会館の利用を取り下げようとするときは、遅滞なく利用取下届(様式第5号)第4条第4項又は前条第2項の許可書を添えて、教育委員会に提出しなければならない。

(利用方法の打合せ)

第8条 利用者は、文化芸術会館の利用に際し、利用方法その他の必要な事項についてあらかじめ教育委員会と打合せを行い、その指示に従わなければならない。

(使用料の還付)

第9条 条例第8条第3項ただし書の規定による既納の使用料の全部又は一部を還付することができる場合は、次に掲げるとおりとする。

(1) 文化芸術会館の利用許可を取り消したとき。

(2) 利用日の前日までに申請を取り消し、又は変更の申請をし、教育委員会が特別の理由があると認めたとき。

(使用料の減免)

第10条 条例第9条の規定による使用料を減額し、又は免除することができる場合及び減免額は、次に掲げるとおりとする。

(1) 市又は教育委員会が、主催又は共催により利用する場合 全額

(2) 市内の保育園、幼稚園及び認定こども園の園児、小学校の児童並びに中学校の生徒が、校外学習の一環として教職員の引率のもとに利用する場合 全額

(3) その他教育委員会が特に必要と認めた場合 教育委員会が定める額

(附帯設備等の使用料)

第11条 利用者は、附帯設備等を利用しようとするときは、別表に定める使用料を納付しなければならない。ただし、教育委員会が特に必要があると認めるときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

(禁止行為)

第12条 利用者及び入館者は、文化芸術会館内において次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 指定された場所以外で喫煙し、若しくは火気を使用し、又は飲食をすること。

(2) 騒音を発し、若しくは危険物を使用し、又は暴力を用いる等他の利用者の迷惑となる行為をすること。

(3) 許可を受けた場所以外に出入りすること。

(4) あらかじめ許可を受けた場合のほか、物品を販売し、若しくは宣伝及び広告物の貼付をし、又は寄付等を募集すること。

(5) 施設、附帯設備等を損傷すること。

(6) 前各号に掲げるもののほか、文化芸術会館の管理上不適当と認められる行為をすること。

(利用権の譲渡等の禁止)

第13条 利用者は、文化芸術会館の利用の権利を譲渡し、又は転貸してはならない。

(原状回復の義務)

第14条 利用者は、文化芸術会館の利用を終わったとき、又は条例第7条の規定により利用の許可を取り消され、若しくは利用の停止を命ぜられたときは、直ちに設備等を原状に復し、教育委員会の点検を受けなければならない。

(読替規定)

第15条 教育委員会が条例第11条第1項の規定により、文化芸術会館の管理業務を指定管理者に行わせる場合は、第4条から第8条まで、第14条及び様式中「東近江市教育委員会」とあり、及び「教育委員会」とあるのは、「指定管理者」とする。

(その他)

第16条 この規則の施行に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

この規則は平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成18年教委規則第16号)

この規則は、平成19年1月1日から施行する。

附 則(平成20年教委規則第7号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成24年教委規則第13号)

この規則は、平成25年1月1日から施行する。

附 則(平成25年教委規則第2号)

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

別表(第11条関係)

附帯設備等使用料

 

品名

単位

使用料(円)

照明

フットライト

1列

400

花道フットライト

1式

200

ボーダーライト

1列

500

サスペンションスポットライト(9台まで)

1列

900

シーリングスポットライト(16台まで)

1式

1,600

フロントサイドスポットライト(16台まで)

1式

1,600

アッパーホリゾントライト

1列

400

ロアーホリゾントライト

1列

400

センターピンスポットライト

1台

1,000

スポットライト(1kw以下)

1台

100

効果機材

1台

1,000

天反ライト

1式

2,000

音響

ホール拡声装置 基本4ch

1式

2,000

ホール拡声装置 追加1ch

1ch

500

ワイヤレスマイク装置

1基

200

エレベーターマイク装置

1基

200

3点吊マイク装置

1基

300

レコードプレイヤー

1台

200

テープレコーダー

1台

300

T・Bスピーカー

1台

100

ステージスピーカー

1台

300

録音機

1時間

200

効果機材

1台

500

MDプレーヤー

1台

600

MD用リモコン

1台

300

ポータブルワイヤレスアンプ(マイク2本付)

1式

600

映写

映写機(スクリーンとも)

1台

2,000

ビデオプロジェクター 1式(スクリーンとも)

1台

1,700

スクリーンのみ

1台

500

スライド映写機

1式

500

シネマスコープレンズ

1台

100

楽器等

ピアノ・フルコン(ホール)

1台

3,000

ピアノ・アップライト(練習室)

1台

1,000

指揮者台・譜面台

1式

200

楽土譜面台

1台

50

道具

反響板

1式

3,000

所作台

1式

5,000

演台・花台

1式

200

金屏風

1双

1,000

松羽目

1式

500

竹羽目

1式

1,500

平台

1台

100

緋毛せん

1枚

200

地がすり

1枚

3,000

その他

吊看板・立看板わく

1枚

100

冷暖房設備(ホール)

1時間

3,000

持込器具(1kw)

1台

100

長机

1脚

100

椅子

1脚

20

スモークマシン

1台

2,200

スモークジュース

1時間

600

備考 この表に掲げる使用料は、使用時間区分(午前9時から午後0時、午後0時から午後5時、午後5時から午後9時30分)の1区分当たりの額とする。ただし、録音機、冷暖房設備及びスモークジュースの使用料については、1時間当たりの額とする。

画像

画像

画像

画像

画像

東近江市立八日市文化芸術会館条例施行規則

平成18年3月31日 教育委員会規則第6号

(平成25年4月1日施行)