ページの先頭です
メニューの終端です。

ガリ版の妖精「ガリハッチ」ミニ絵本を作成しました

[2021年1月12日]

ID:11969

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ガリ版の妖精「ガリハッチ」ミニ絵本を作成しました

 ガリ版の聖地で生まれたガリ版の妖精「ガリハッチ」が近江鉄道沿線でお友達の妖精たちと仲良く遊ぶミニ絵本を作成しました。
 A4用紙1枚を印刷し、一カ所をはさみで切り、折りたたむとミニ絵本ができ上がります。
 親子で工作をしながら楽しんでください。

施設外観

ガリ版の妖精「ガリハッチ」ミニ絵本[1] (左/表紙 右/裏表紙)
※画像をクリックすると、拡大できます。

施設外観

ガリ版の妖精「ガリハッチ」ミニ絵本[2] (左/表紙 右/裏表紙)
※画像をクリックすると、拡大できます。

施設外観

ガリ版の妖精「ガリハッチ」ミニ絵本[3] (左/表紙 右/裏表紙)
※画像をクリックすると、拡大できます。

施設外観

ガリ版の妖精「ガリハッチ」ミニ絵本[4] (左/表紙 右/裏表紙)
※画像をクリックすると、拡大できます。

施設外観

ガリ版の妖精「ガリハッチ」ミニ絵本[5] (左/表紙 右/裏表紙)
※画像をクリックすると、拡大できます。


~ガリ版の妖精「ガリハッチ」の制作にあたって~

 ガリ版は、正式には謄写版といい、1894年(明治27年)に東近江市蒲生岡本町出身の堀井新治郎父子が簡単で便利な印刷器として発明し、今日のコピー機が普及するまでの間、長く利用され親しまれてきました。

 また、東近江市の蒲生地区には、近江鉄道の駅が4つあり、通勤や通学など地域住民の重要な交通手段として利用されています。

 そこで、蒲生地区発祥のガリ版とそこに住む人々の生活に根付いてきた近江鉄道を、親子でお話ししながら簡単に地域の歴史や文化を知ることができる知育絵本として、『ガリ版の妖精「ガリハッチ」』を作成しました。

 8ページのミニ絵本ですが、「東近江市で生まれてよかった。これからもこのまちで住み続けたい」と子どもたちに感じてもらえればと願っています。

お問合せ

東近江市役所 支所・出張所 蒲生支所

電話: 0748-55-1161  IP電話:050-5801-1161

ファクス: 0748-55-1160

お問合せフォーム

組織内ジャンル

支所・出張所蒲生支所

  • 観光情報・小旅行 東近江市を訪れよう
  • 定住移住促進サイト 東近江市で暮らそう
  • 東近江イズム。東近江市を知ろう
  • 東近江市の位置

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


ガリ版の妖精「ガリハッチ」ミニ絵本を作成しましたへの別ルート

ページの先頭へ戻る