ページの先頭です
メニューの終端です。

【ももクロ春の一大事2018in東近江市】たくさんの笑顔と感動にあふれた2days!

[2018年5月25日]

ID:8792

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ステージ上に子どもたちが並んでいる写真 その上にライブタイトルが表示されている

笑顔のチカラ つなげるオモイ

青空とステージの写真

 4月21日(土)と22日(日)の2日間、アイドルグループ・ももいろクローバーZの野外ライブ「ももクロ春の一大事2018in東近江市」が布引運動公園陸上競技場で開催され、全国から2日間で3万2千人を超えるモノノフ(ファン)が集結しました。

 両日ともに気温が28度を超え、夏のような日差しの中、ライブは大いに盛り上がりました。

ライブ会場の外も大勢の人でにぎわいました

 ライブ会場のすぐ隣り、布引グリーンスタジアムでは、ライブチケットを持っていなくても入場が可能なサテライトパーク「SFP-しがフレンドパーク-」がオープン。飲食やグッズ販売を行うブースが並びました。1日目にはフットサル大会「玉井カップ」が行われ、2日目には東近江市商工会青年部が扮する「赤レンジャイ」がももクロの歌「行くぜっ!怪盗少女」にあわせてダンスを披露するなど、ライブ会場外も大いに盛り上がりました。昨年、春の一大事を開催された埼玉県富士見市もブースを出店されました。

布引運動公園からグリーンスタジアムに続く道を列になって歩くファンたち
飲食ブースに並ぶ大勢のファン
フットサル大会の様子
ももクロメンバーに似せた飛び出し坊や
東近江バイオレッツも一緒に記念撮影
グリーンスタジアムを会場にフットサル大会
ライブ会場わきは飲食ブースに
ももスタグラムで記念撮影
東近江バイオレッツの選手たちも駆けつけ、記念撮影
FACEBOOKの投稿をイメージしたパネルをもって撮影するファンたち
赤レンジャイと決めポーズするファン
笑顔で決めポーズするファン
ももクロバージョンの飛び出し坊やとともに記念撮影をするファンたち
ハイタッチを交わす赤レンジャイとファン
 

笑顔のバトンを富士見市長から受け取りました

富士見市もブースを出展
握手を交わす富士見市長(左)と小椋市長(右)
ステージ上で握手を交わす小椋市長と星野富士見市長
カメラに向かって決めポーズをするももクロメンバーと小椋市長

 21日(土)には、ステージ上で埼玉県富士見市の星野光弘市長から小椋正清市長へ、「笑顔のバトン」が手渡されました。


笑顔満開!ライブの始まりです

 午後4時、小椋市長の開会宣言でライブがスタート。ももクロの登場とともに、会場は熱気に包まれました。

 ライブ中盤には、市内の小学4年生から6年生までの両日合わせて371人が、春をイメージした曲を合唱し、ももクロの歌「希望の向こうへ」ではバックコーラスを務めました。また、市内のダンススクールに通う子どもたち25人が、バックダンサーとしてステージを盛り上げました。

ステージを正面に映した写真 ステージ上にはメンバーが並んでいる
一体となって声援を送るスタンド席の観客ら
ペンライトを持ち掲げられた手を写した写真
ペンライトを振り上げ歌う高城れにさん
ジャズを演奏するグループ
中央のステージに並ぶメンバー
ステージで歌う小学生を会場後方から映した写真
コーラスとして出演した小学生たち
手を挙げてファンに答える佐々木さん
センターステージで歌う玉井さん
小学生のバックダンサーと向かい合う百田さん
子どもたちと玉井さんが写っている
カラフルに輝くペンライトの光とメンバー
子どもたちと手をつないで歌う百田さん
センターステージで歌う百田さん
ステージ上の画面にももクロ春の一大事ロゴが表示されている
椅子の上に立ちステージに向かって腕を振り上げている少女の後ろ姿
夕焼けの中歌う玉井さん、百田さん
 

参加者の声を聞きました

バックダンサーを務めたキッズダンサーたちの集合写真

川嶋里奈さん(蒲生東小)
「ダンスの練習を頑張りました。ももクロのコンサートに一緒に出られると聞いてわくわくしました。本番は緊張したけど、最後までできてよかったです。東近江市でこんなことができてよかったです。」

参加した小学生たち1

古川華莉菜(かりな)さん(八日市北小)
「たくさんの人がいたけど、楽しめました。練習もすごく頑張りました。とてもいいイベントだと思います。」

参加した子ども立ち2

西村郁美さん(玉緒小学校)
「ももクロのメンバーが近くにいてすごく楽しかったです。いい思い出になりました。」

村井心(こころ)さん(玉緒小学校)
「練習頑張りました。会場のたくさんのライトがすごくきれいでした。こんな大勢の人を見たのは初めてです。東近江市でできてよかったと思います。」

小西栄子さん(保護者)
「いいイベントでした。合唱に参加した子どもだけでなく親子で楽しめた企画でした。子どもたちがももクロと一緒に大きなステージに立てるなんて、二度とないことだし、応募していいチャンスをもらいました。東近江市に住んでいてよかったと思います。」

ライブ後のファン

横田早衣子(さえこ)さん、南波(なんば)みなみさん(東京都)
「富士見市長と東近江市長との掛け合いも楽しかったです。ももクロのライブで初めて遠出をしたのは東近江市でしたが、アクセスも困ることなく到着できました。東近江市は、のどかできれいなところ。またスタッフの皆さんの対応もよく、楽しく過ごせました。」

スタンプラリーや展示などを開催中です

 ももいろクローバーZが訪れた場所や、関連イベントが開催された場所を巡る「ももクロ春の一大事2018思い出巡りスタンプラリー」を開催中です。また、ももクロバージョンの飛び出し坊やや、「ももクロ春の一大事2018in東近江市」で使用されたステージバックを東近江市役所本庁舎本館1階ロビーで展示しています。

お問合せ

東近江市役所企画部広報課

電話: 0748-24-5611  IP電話:050-5801-5611

ファックス: 0748-24-1457

お問合せフォーム

  • 観光情報・小旅行 東近江市を訪れよう
  • 定住移住促進サイト 東近江市で暮らそう
  • 東近江イズム。東近江市を知ろう
  • 東近江市の位置

ご意見をお聞かせください

  • このページは役に立ちましたか?

  • このページは見つけやすかったですか?


【ももクロ春の一大事2018in東近江市】たくさんの笑顔と感動にあふれた2days!への別ルート

ページの先頭へ戻る